冬が僕らを強くする2018 【九州・沖縄】

  • 翔陽高等学校(熊本)
    2018.03.02
    第75回 翔陽高等学校(熊本)
    長き農業高校時代を経た1996年、総合学科を創立し新たな道をスタートさせた熊本県立翔陽高等学校。創立113周年の今年、初の甲子園出場を目指す野球部の冬に迫る。
    詳細はこちら
  • 小倉高等学校(福岡)
    2018.03.01
    第70回 小倉高等学校(福岡)
    2013年に野球殿堂入りした福島 一雄氏をエースに夏の甲子園連覇を果たすなど、日本高校野球史に名を遺す伝統校・福岡県立小倉高等学校。「北福岡代表」として、40年ぶりの聖地を目指す彼らの冬に迫っていく。
    詳細はこちら
  • 古仁屋高等学校(鹿児島)
    2018.02.27
    第64回 古仁屋高等学校(鹿児島)
    現在の部員数は1,2年生合わせて9人ながら、「部員数を言い訳にしない」という強い気持ちで練習、試合に臨む古仁屋ナイン。公式戦勝利を自信に取り組むこの冬のテーマについて聞いた。
    詳細はこちら
  • 星琳高等学校(福岡)
    2018.02.26
    第60回 星琳高等学校(福岡)
    国家資格も取得できる星琳高校は新チーム最初の練習試合で大敗したが、そこからチーム全員で成長し今度の選抜に出場する東筑と接戦を演じた。体力を付けることをテーマに冬の練習に取り組む彼らに迫った。
    詳細はこちら
  • 若松高等学校(福岡)
    2018.02.25
    第60回 若松高等学校(福岡)
    昨秋の県大会で16強の成績を残している、福岡県立若松高等学校。今春の選抜に出場する東筑との一戦で、スイングスピードなどの向上が課題と感じた若松高校の、この冬の練習への意気込みや取り組み方を聞いた。
    詳細はこちら
  • 龍谷高等学校(佐賀)
    2018.02.25
    第58回 龍谷高等学校(佐賀)
    春夏合計4回の甲子園出場を誇る、龍谷高校。チームの団結力を高め、甲子園を目指す龍谷野球部の冬に迫る。
    詳細はこちら
  • 都城西高等学校(宮崎)
    2018.02.24
    第55回 都城西高等学校(宮崎)
    昨秋は宮城県大会の2回戦まで駒を進めた都城西高校。個人とチームの課題に真正面から向き合い、限界まで追い込み続けようと意気込む彼らの冬の取り組みを伺った。
    詳細はこちら
  • 東海大星翔高等学校(熊本)
    2018.02.22
    第49回 東海大星翔高等学校(熊本)
    昨年の秋季熊本県大会では3勝を挙げ、8強進出の東海大星翔。個性を伸ばし、課題を乗り越え甲子園への出場を誓う野球部の妥協なき冬の覚悟に迫る。
    詳細はこちら
  • 県立鹿島高等学校(佐賀)
    2018.02.13
    第27回 県立鹿島高等学校(佐賀)
    120周年という歴史のある鹿島高校。1960年には甲子園出場を果たし、ベスト4進出をしている。58年ぶりの甲子園出場を目指し、厳しい練習に取り組みます。
    詳細はこちら