冬が僕らを強くする2018 【関東】

  • 取手一高等学校(茨城)
    2018.03.02
    第73回 取手一高等学校(茨城)
    過去、1968・1969・1973年と3度夏の甲子園出場経験を持つ取手第一。「共創野球」を掲げ、45年ぶり甲子園出場へ邁進するチームの冬はいかなるものになのか?その日々を迫っていく。
    詳細はこちら
  • 甲府工業高等学校(山梨)
    2018.03.01
    第71回 甲府工業高等学校(山梨)
    過去に春5回・夏8回の甲子園出場を果たし、1987年春・1666年夏にはベスト8入りも果たしている山梨県立甲府工業高等学校。2006年夏以来遠ざかる聖地への道を切り拓こうとしている彼らの冬を追う。
    詳細はこちら
  • 富岡高等学校(群馬)
    2018.02.27
    第65回 富岡高等学校(群馬)
    群馬県立富岡高校は2014年の選抜の時に、関東地区の21世紀枠に選ばれ、昨秋は県大会ベスト8まで進んでいる。実践に近い練習やトレーニングを中心に過ごしている富岡高校の冬の練習に迫った。
    詳細はこちら
  • 國學院久我山高等学校(東京)
    2018.02.26
    第63回 國學院久我山高等学校(東京)
    昨秋は東京都大会出場も1回戦で敗退。その悔しさをバネに、多くの工夫を凝らしたオフシーズンを過ごす國學院久我山野球部。2011年以来の甲子園出場を目指すチームの冬に迫る。
    詳細はこちら
  • 水海道第一高等学校(茨城)
    2018.02.26
    第61回 水海道第一高等学校(茨城)
    粘り強い野球をテーマにチームをスタートさせた水海道第一高校は、昨秋の県大会はベスト16まで駒を進めた。この冬は身体作りだけでなく、精神や人間性にも磨きをかけようとしている取り組み方について伺った。
    詳細はこちら
  • 宇都宮白楊高等学校(栃木)
    2018.02.23
    第52回 宇都宮白楊高等学校(栃木)
    昨秋は初戦敗退。『雪に耐えて梅花麗し』という言葉を胸に、春浮上を目指す宇都宮白楊の取り組みを伺った。
    詳細はこちら
  • 都留興譲館高等学校(山梨)
    2018.02.21
    第46回 都留興譲館高等学校(山梨)
    昨秋は創部初の8強入りを果たした都留興譲館。夏の甲子園出場を目標に、このオフシーズンはトレーニングを積み重ね、筋力と体重を増加させることに励んでいる選手たちの取り組みを追った。
    詳細はこちら
  • 志学館高等学校(千葉)
    2018.02.18
    第38回 志学館高等学校(千葉)
    昨秋は県大会ベスト16まで進出した志学館。秋とは別人ような姿で甲子園に行くために、この冬は筋力アップや振り込みでとことん自分を追い詰めていく様子を伺った。
    詳細はこちら
  • 中央大学附属高等学校(東京)
    2018.02.13
    第28回 中央大学附属高等学校(東京)
    3学年で1,000名の生徒が所属する中大附。昨秋は東京都でベスト32に進出の原動力となったのはいったい何だったのか。またこの冬の課題とは。厳しい冬の練習に迫る。
    詳細はこちら
  • 小山高等学校(栃木)
    2018.02.11
    第24回 小山高等学校(栃木)
    昨秋の栃木県大会で作新学院に延長戦を繰り広げた小山。最速143キロ右腕を擁するなど、実力派として注目が集まる小山の冬に迫った。
    詳細はこちら