印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1回 基本的な体の作りを知ろう!2017年09月25日

基本的な体の作りを知ろう!


人間には、人間を作るために必要なレシピがある

 人間のカラダは、何でどのようにできていて、どのように作り変えられているのかを知らなければいけません。ここをわかっていなければ必要な栄養素を効果的に摂取することは難しいです。

 まず、皆さんのカラダは何でできていますか?脳、骨、血液、血管、筋肉、神経、免疫、ホルモンでできています。もっと言えば心も。それらを機能させたり、作り変えていくには栄養素が必要となります。人間には、人間を作るために必要なレシピがあるのです。

 私は、これを「人間のレシピ」と呼んでいます。人間のカラダは水分が約60%でできています。その他40%は、五大栄養素と呼ばれる糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルです。例えば、美味しい料理を作ろうと思うと正しい量、踏まなければいけない順序と絶妙なタイミングなどレシピが必要になりますよね。人間も同じです。パフォーマンスを上げたり、ケガをしないカラダを作ろうと思うと正しい「人間のレシピ」が必要になるのです。

 人間は約60兆個の細胞でできおり、新陳代謝を繰り返して、1日5000億から1兆個の細胞が死に、同じ数の細胞が作られています。

 例えば、口の中の粘膜が切れても3日でしみなくなる。それは、粘膜細胞は3日で再生するからです。骨も折れても再生する。それは骨も細胞だから、作り変えをしているからです。細胞は作り変えをして、人間は作り変わっています。約1日りんご1個分入れ替わっていると言われています。顔がごっそり作り変わればわかりやすいのですが、全体が薄く作り替わっています。

 作り変わっているということは、作られる材料があるということ。人間を作るレシピは決まっているということです。なので、私たちは、食事から摂っている栄養素で出来、不出来が決まってきます。今日ある皆さんのカラダは食べているものでしか作られていません。野球をする上でコンディションを上げたり、カラダを創り上げるためには、正しい知識を持ち栄養素を摂取していく必要があるのです。

文=久保 翔平カラダツクル株式会社代表取締役)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第24回 夏に向けてのコンディショニング「センスアップで、持っている力を引き出そう!」【Vol.3】【技術ノート トレーニング編】
第23回 夏に向けてのコンディショニング「センスアップで、持っている力を引き出そう!」【Vol.2】【技術ノート トレーニング編】
第22回 夏に向けてのコンディショニング「センスアップで、持っている力を引き出そう!」【Vol.1】【技術ノート トレーニング編】
第173回 発汗量の多い季節は鉄分をしっかりとろう【セルフコンディショニングのススメ】
第172回 試合期に行うショートスプリント【セルフコンディショニングのススメ】
第224回 北海道日本ハムファイターズ 増井 浩俊投手【後編】 【2014年インタビュー】

プロフィール

久保 翔平
久保 翔平
  • 生年月日:1992年4月12日
  • ■ 広島県呉市出身
  • ■ 明徳義塾中-浦和学院ー東洋大学。第90回全国高等学校野球選手権大会出場。
  • ■ 不動産営業を経て、2016年にカラダツクル株式会社設立
    プロ野球選手やプロアスリートの栄養指導を行いながら、小・中・高校生の食育活動にも力を入れている。講演、セミナー活動も行なっており栄養や食の大切さを伝えている。プロテインサプリメントの販売も行なっている
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム