第11回 U18を終えて 中村 奨成(広陵)「最終的なゴールはプロでプレーして活躍すること」2017年09月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

中村 奨成(広陵)

最終的なゴールはプロでプレーして活躍すること

 こんなに思うように打てない期間は初めてでしたね。試合に出られない時に学んだことは、他の選手をサポートする大事さです。捕手で座ってみている景色とはまた違うものでしたので、いろいろと勉強させてもらいました。そして捕手として出られない悔しさは非常にありましたが、古賀 悠斗を見ながら、捕手としての基本的なことを学ばさせていただきました。

 チームメイトとは最初戸惑いもあったんですけど、だんだん仲良くなって、もっとこのメンバーで試合がしたいと思えるほどのチームでした。とくに仲が良かったのは増田 珠です。珠と別れるのは少し寂しいですが、あいつも、プロの世界に進むので、あいつと一緒にプロの世界でプレーできると思うと、楽しみではあります。

 清宮 幸太郎ですが、打撃面ではかなわなかったですね。でも他の部分では負けないと思いましたし、打撃も努力をすれば、追いつける相手だと思っていますし、良いライバルでいたい。

 国際大会でレベルの高い投手と対戦できたのは、良い経験でした。初球から甘いボールを振っていかないとヒットは打てない。追い込まれると本当に厳しいですし、粘る技術は、今の自分のレベルでは難しかったですね。特に変化球に対しては投げるな!と思ったりすることもありました。

 それを踏まえると、今、プロでやっていく上で、不安はかなり大きいですが、まだまだ努力をしないといけないんだぞと、野球の神様に告げられているような気がしました。

 こんなにつらくても、前を向いてプレーできるのは、やはり先があるから。プロでプレーして活躍することが最終的なゴールですから、今は通過点で、ここでへばっていたら上では通用しないぞと思ってやってきました。

 今、帰国して怖いのは、中井監督ですね。この結果を見て何言われるのか、不安になります(笑)


▼そんな中村選手の動画インタビューはこちら
【動画インタビュー】中村 奨成(広陵・侍ジャパンU-18代表)


注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第614回 U-18では堀劇場でアジア制覇に貢献した堀瑞輝!トップチームでは初登板初勝利!【大会展望・総括コラム】
第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)【大会展望・総括コラム】
第612回 稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!【大会展望・総括コラム】
第133回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(西日本編)【ドラフト特集】
第131回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」【ドラフト特集】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
城西国際大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs千葉工大【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
侍ジャパンU-18代表vs韓国代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
中村 奨成(広陵) 【選手名鑑】
広陵 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム