第11回 日本一への道半ば、勇退の名将たちの「最後の表情」2017年08月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

日本一への道半ば、勇退の名将たちの「最後の表情」

鍛治舎巧監督(秀岳館)

 2017年の夏の甲子園。夢の舞台を後にして、自身の野球人生に一つ区切りをつけることになったのは、涙を飲んだ選手たちだけではない。今大会をもって勇退を表明していた、秀岳館・鍛治舎 巧監督、日本文理・大井 道夫監督。8月17日に両校は姿を消し、二人の名将が、ユニフォームを脱ぐことになった。

 長年高校野球の解説者を務め、大阪の強豪少年野球チーム「枚方ボーイズ」を率いてきた鍛治舎氏は、2014年4月に秀岳館の監督に就任。独自の育成メソッドを武器に、就任2年目となる2015年には秋季九州大会で優勝、2016年春の選抜大会でチームをベスト4に導くと、その後2016年夏2017年春と、すべて甲子園ベスト4に名を連ねる強豪校にチームを急成長させた。

 そして監督として自身2度目となった2017年夏の舞台。初戦から好カードで注目された、横浜との一戦を6対4で制した。しかし迎えた2回戦はこちらも強豪校、広陵。拮抗した試合展開を演出するも、終盤に突き放され敗退。日本一への道半ばにして、鍛治舎監督が率いる秀岳館は姿を消すこととなった。

大井道夫監督(日本文理)

 一方、日本文理の大井監督はチームを率いて32年。その長い監督生活の中で、春は5回、夏は9回もチームを聖地へと導いた名将。2009年には高校野球ファンのみならず、全国を熱狂させたあの名勝負、決勝の中京大中京戦での驚異の追い上げ。その時にチームを導いたのもこの人だった。

 今年で75歳という年齢ながら、最後の夏の舞台へ。初戦で鳴門渦潮を下し、2回戦は仙台育英との戦いに。試合は緊迫した接戦となり、虎の子の1点を守られ、1対0で敗れた。

 短期間でチームを急成長させた鍛治舎監督、一方長年チームを導いてきた大井監督。それぞれ異なる監督人生を歩んできた二人の名将が、最後の甲子園の戦いを終えた。「選手は頑張った。甲子園は夢のような時間だった」という鍛治舎監督。「甲子園に連れてきてもらって、いいゲームで終われて幸せだった」と大井監督。そう語る彼らの表情は、晴れ晴れとしたような、清々しい表情だった。


注目記事
今年も全国各校の熱い想いを紹介!「僕らの熱い夏2017」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第78回 秀岳館(熊本)編「4季連続甲子園出場達成!急成長を遂げた秀岳館のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第12回 日本文理高等学校(新潟)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第122回 今夏の甲子園大会で影響を受けたことは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第103回 田浦文丸(秀岳館)のピッチングは高いステージで活躍する左投手のお手本だ【ドラフト特集】
第10回 U-18ワールドカップ!人気記事ベスト5!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
秀岳館 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム