第100回 長崎南高等学校(長崎)2017年07月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

練習風景(長崎南)
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]工夫しながらの練習で甲子園
[2]ダークホースになる!
[3]悔しさを爆発させてほしい

工夫しながらの練習で甲子園

■長崎南はどんな学校?
 1961年に開校した長崎南高校。平成25年度から5年間SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受け、理数系教育の充実を図る取り組みを行っている。野球部は今春の長崎県大会でベスト8、NHK杯の長崎地区大会ではベスト4に進む活躍を見せた。

■三角ベースでの練習
 現在1年生14名、2年生14名、3年生9名の計37名で活動中の長崎南。グラウンドは端の方しか使えないため、三角ベースで練習するなど、工夫して取り組んでいる。今年のウリを梅原 周平主将は「連打がでる打線、粘り強さ、そして守備です」と語った。このウリを活かし、目標の「甲子園出場」を目指す。

■長崎南の注目選手は?
  新チームがスタートした時には夏のシードとして大会に出場することをテーマに始まり、オフシーズンは多いときは素振りを2000回こなすなどとにかくバットを振ってきた長崎南今春は初戦の諫早戦で9回に逆転し、勝利。冬の努力が実を結んだ瞬間だった。勢いのまま2回戦、3回戦と勝ち進みベスト8入りを果たした。

■注目の選手は?
 このチームで注目すべき選手として梅原主将は佐野 北斗を選出。「ここで打ってほしいというときに、必ず打ってくれます」と話す。その佐野と共に、夏のキーマンになる選手に貞包 柊大を挙げた。もう一人、西山 雄大にも注目だ。「とてもすごいファーストコーチャーです」と梅原主将。元気でみんなを楽にするような存在の西山が夏に好プレーを引き寄せる。

■感謝を表すような「夏」に
 夏に向け、得点力を付けるためにゲージバッティング、そしてバントを鍛えている長崎南。梅原主将は「今までさせてくれた人たちに形として感謝を表すことができるような夏にしたいです」と意気込みを語った。

このページのトップへ

【次のページ】 ダークホースになる!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第531回 【長崎展望】「激戦度は例年以上!初戦から好カード続出!」【大会展望・総括コラム】
第58回 県立長崎南高等学校(長崎)【冬が僕らを強くする2016】
第164回 【第97回長崎大会展望】創成館、長崎海星の2強に続く 長崎日大、清峰、長崎商の伝統校たち【大会展望・総括コラム】
長崎南山vs五島【長崎県 2011年第59回NHK杯 長崎県高等学校野球大会】
波佐見vs長崎南山【長崎県 2010年秋の大会 第127回九州地区高校野球長崎大会】
長崎南山 【高校別データ】
長崎南 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム