第83回 都立紅葉川高等学校(東京)2017年07月02日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(都立紅葉川)
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]紅葉川の名を響かせる
[2]強豪を倒していきたい
[3]それぞれの役割を精一杯

紅葉川の名を響かせる

■都立紅葉川はどんな学校?
 2008年に創立80年を迎えた都立紅葉川高校。野球部は2015年の秋季大会でベスト16入り。今春は一次予選を勝ち抜き、都大会では3回戦まで勝ち進んだ。同校は、2015年に育成功労者賞を表彰された田河清司監督の下、着実に力をつけてきた学校だ。田河監督のネットワークにより、東京都の強豪校、東京都以外の強豪校と練習試合を組んでレベルアップを目指す毎日だ。

■名物の「サイキングアップ」とは?
 1年生25名、2年生11名、3年生23名の計59名で活動中の都立紅葉川野球部。校庭が狭く、平日はサッカー部と半面で使っているため工夫して練習に取り組む。このチームのウリを岸 蘭丸主将に紹介してもらった。「明るい雰囲気でピンチをも楽しみ、球場の雰囲気ごと持っていけること、エースの吉本 優太の作る守備のリズムを、バッティングにつなげられるところです」。このウリを活かして、目標の「甲子園で1勝」を目指している。
名物練習は「サイキングアップ」という練習。「マウンドの周りに部員が集まり、大声で笑ってから練習に入ることで、明るい雰囲気で練習に取り組むことができます」と岸主将がこの練習の意図を教えてくれた。

■あんなに試合が楽しかったことはない
 新チームは先輩たちより実力がなかったため、そこに追いつくためにやっていくことをテーマにスタートした。オフシーズンはパワーと体重を増やすことを目標に取り組み、多くの選手がそれに成功した。
その努力が結果に表れる。春の一次予選都立東大和戦(試合レポート)、エラーで先制されたが、つなぐバッティングでの1本がでて、逆転勝ちを収めた。「こんなに試合が楽しかったことはなかった」と岸主将。その勢いのまま、都大会でも2勝を挙げた。

■注目の選手は?
 岸主将は活躍してきた選手に藤平 理己、栗原 翼を挙げた。「バッティングでは藤平が、守備では栗原が雰囲気を作ってきました。チーム自慢の副主将達です。」と話した。そして夏のキーマンには最速135キロ右腕・吉本 優太、右方向へにも本塁打を打てるスラッガー・西久保 哲也の2名を選出。中でも西久保は長打力があり、大事な場面で打ってくれる不動の4番。打線の主軸として今年の夏を盛り上げてくれるはずだ。

■紅葉川の名を響かせる
 岸主将は夏に向けて「後悔なく終わるのは不可能なので、最後まで全力で戦い抜くこと。吉本が打たれて負けるのはしょうがないので、打てずに負けないように得点を取って紅葉川の名を響かせたいです。」と宣言した。

このページのトップへ

【次のページ】 強豪を倒していきたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立紅葉川vs青稜【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第554回 エースが生まれ変わり、二松学舎大附が甲子園に!【東東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
都立紅葉川vs東京実【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
都立紅葉川vs桐ヶ丘・農産・八丈【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
第500回 【東東京展望】混戦が予想される東東京大会!序盤から目が離せない好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
都立日野vs都立紅葉川【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立紅葉川vs堀越【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第457回 18日開幕の東京大会一次予選!出場する有力校の対戦相手、好カードを紹介!!【大会展望・総括コラム】
第334回 【東東京 抽選後 展望】関東一、都立城東のブロックにノーシードの強豪がずらり!今年も激戦に!【大会展望・総括コラム】
第286回 【東京本大会展望】各ブロックに強豪が集結!ブロック別で有力校を紹介!【大会展望・総括コラム】
第2回 第96回選手権東東京大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
西久保 哲也(都立紅葉川) 【選手名鑑】
吉本 優太(都立紅葉川) 【選手名鑑】
都立紅葉川 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム