第76回 明和県央高等学校(群馬)2017年06月30日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

吉田 光主将(明和県央)
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]1日でも長く
[2]3年間の全てを発揮する
[3]自分を信じ、仲間を信じる

1日でも長く

■明和県央はどんな学校?
 1983年に開校した明和県央高校。グローバル化する時代に対応できる人材の育成を目指しており、台湾への修学旅行や、今年度からはアメリカへの海外研修を実施することが決まった。部活動はラグビー部、男子バレーボール部が強く、ラグビー部は花園に6回出場、男子バレーボール部は春の高校バレーに出場した経験もある。

■自主性・積極性・粘り強さが強み
 現在1年生10名、2年生23名、3年生25名の計58名で活動する明和県央高校。ラグビー部とグラウンドを共有しているため、全面を使っての打撃練習は火曜日と水曜日のみ。その中で工夫して練習に取り組んでいる。チームの強みは「自主性・積極性・粘り強さ」だ。指導者に言われてやるのではなく、自分達から動く。良いと思うことはどんどん吸収する。そしてチームスローガンは「耐」。ピンチを耐え、粘り強く戦っている。目標は甲子園で一勝。そのために、日常的に1.5キロの鉄棒を使い、ティーバッティングを行うなど、厳しい練習も行う。

■収穫を得た春の戦い
   吉田 光主将は印象深い戦いに春季地区リーグでの準決勝、東農大二戦を挙げた。打撃戦の中、持ち味の粘り強さを活かし、サヨナラ勝利。「冬のトレーニングの成果を感じました」と話した。勢いに乗った明和県央野球部はは、リーグ優勝を果たした。昨秋はリーグ戦全敗のチームだった明和県央の成長が見られた春だった。

■明和県央の大黒柱は?
 吉田主将は大黒柱として長井 亮典を紹介してくれた。「エースで投手陣の大黒柱です。春季大会では全試合先発完投をしました」と話す。そして夏のキーマンには長井のほかに山田 尚義、市場 悠馬、平田 祥也の名を挙げた。その中でも山田はチーム一の長打力を誇るスラッガー。大会でのチャンスでの一発に期待だ。

■一日でも長く
 夏に向けては打撃力向上を図っている。群馬は好投手が多く、その好投手を打ち崩せるかがカギになる。吉田主将は「一日でも長くこのチームで試合をしたいです」と夏に向けての意気込みを語った。
先輩たちが成し遂げていない甲子園出場を果たす。

このページのトップへ

【次のページ】 3年間の全てを発揮する

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明和県央 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム