第74回 武修館高等学校(北海道)2017年06月29日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(武修館)
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]武修館が輝く夏へ
[2]勝つ覚悟と負ける覚悟
[3]熱い夏にしよう!!

武修館が輝く夏へ

■2014年夏の甲子園出場!
 北海道釧路市にある私立校、武修館高等学校。釧路緑ヶ岡高等学校から、2004年に武修館高等学校へと改称された。建学の精神に、「愛と奉仕に生きる」というものがある。2014年夏に野球部は春夏通じて初の甲子園出場を果たした。

■武修館ってどんなチーム?
 1年生13名、2年生15名、3年生13名の計41名で練習に励む武修館野球部。チームのウリは「全員野球、全力疾走、全力プレー」だと話すのは文入 魁斗主将。甲子園で勝つことを目標に、塁間で自重トレーニングを行う「やりがい」などの厳しいメニューを皆で乗り越えてきた。

■仲を深めたミーティング
 武修館は新チーム当初、「日常生活、学校生活をきっちりする、甲子園で勝つ」ということをもとにスタートを切った。毎日のようにミーティングで意見の食い違いが何度もあり言い合いになったという。「チームが良くなるにはと考えて、一人一人が思っていることを正直に言うことでチームがまとまっていきました」と文入主将は思い出を語った。

 また、武修館はオフシーズンに食トレ、ウエイト、コアトレ、走り込みなどで身体づくりに着手した。これら全てを技術につなげることをテーマに取り組んだ。

■活躍してきた選手を紹介!
 この1年間活躍してきた選手を文入主将に挙げてもらうと石田 圭樹、福士 健、川﨑 冬馬、石橋 翔の名が出た。「4選手とも、投手として試合をつくってくれました」と文入主将は目を細めた。また、その中の一人・川崎は走攻守全てにおいてトップレベル。非常に信頼を寄せている。

■みんなで勝って泣きたい
 夏に向け、「チャンスやピンチの時など試合のポイントとなる要所を締める。自分達からくずれない。気持ちで負けない」ということもテーマに練習に励んでいる武修館。「自分達が輝く夏にします。みんなで勝って泣きたい」と文入主将は宣言した。

このページのトップへ

【次のページ】 勝つ覚悟と負ける覚悟

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第22回 大きく、高校野球の歴史と意識を変えた駒大苫小牧の連覇(北海道)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第197回 【第97回北北海道大会展望】本命不在も白樺学園がややリードか【大会展望・総括コラム】
第104回 2015年の高校野球を占う【北北海道編】 旭川地区、十勝地区も混戦!ダークホースはクラーク記念国際!【大会展望・総括コラム】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第1回 【初出場】武修館高等学校(北北海道) 【第96回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
武修館 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム