第90回 県立呉羽高校(富山)2017年07月05日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(呉羽)
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]悔いの残らない、全力を出し切れる夏に
[2]夏に向かう選手の心境

[3]魂を注ぎ全員で心中する

悔いの残らない、全力を出し切れる夏に

■野球部も文武両道!
 昭和58年に富山県立呉羽高等学校として開校。「心豊かに道を究む」という校訓のもと、国公立大学・私立大学とも多数の合格者を輩出する進学校。普通科の中に音楽コースを設け、音大などに進む生徒も多い。
 野球部は1年生9名、2年生5名、3年生16名の総勢30名で活動し、“文武両道”“自分たちのスタイルを存分に出して勝ちに行く”という目標のもと日々の練習に励んでいる。

■オフにはあのイチロー選手も取り入れる初動負荷を意識!
 主将を務める関小田 侑汰選手にチームについて聞いてみると、新チームになってからは「全員で指摘し合って、全員でレベルアップする」というテーマで練習に取り組んでいるとのこと。オフにはMLBのマイアミ・マーリンズで活躍するイチロー選手も取り入れているという「初動負荷」を意識してきた。

■春季県大会ではベスト4進出!
 その成果もあったのか、春季富山県大会ではベスト4に進出した呉羽ナイン。競り合う中でも勝利できたことが思い出深いエピソードとなっているが、一方で準決勝の高岡商戦での敗戦では「全てにおいて相手に負けていて実力の差を思い知らされました。」と語る。夏に向けては「速球を持つ投手に対してもしっかりとミートすることができるように練習しています」とリベンジに燃える。

■昨夏ベンチ外も、この1年でチームの中心選手に!
 関小田主将にこの1年間で活躍した選手を聞いてみると、3年生の野村 雄大選手と返ってきた。「昨年の夏の大会ではベンチに入れませんでしたが、春の大会では打撃や走塁におてすごく活躍してくれました。」と関小田主将もその活躍を認めている。この夏のキーマンについて聞くと、竹内 滉二、野村 雄大、竹田 大亮、植松 祐(3年生)と中村 匠(2年生)だと言う。さらに、3年生の山崎 龍太郎選手の長所について「面白い」と話すなど、チームのムードメーカーとしての役割も買っているようだ。

■悔いの残らない、全力を出し切れる夏に
「みんな活躍してくれると思いますし、みんなに期待しています。」と語る関小田主将。今年の夏は全員で全力を出し切り、「甲子園出場」を目指す。

このページのトップへ

【次のページ】 夏に向かう選手の心境

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
福岡vs呉羽【富山県 2010年秋の大会 秋季富山県大会】
呉羽 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム