第94回 四街道高等学校(千葉)2017年07月06日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]「最弱」から「頂点」へ
[2]自分の力を出し切る

「最弱」から「頂点」へ

■四街道はどんな学校?
 1951年創立の四街道高校。部活動が盛んで、様々な部活動が県大会出場を果たしている。野球部はコンスタントに県大会に出場していて、今年の春季大会でも県大会ベスト16入り。夏のシード権を獲得した。

■正月前には100本ダッシュ!?
 1年生11名、2年生25名、3年生21名の計57名で活動中の四街道野球部。今年のチームは雰囲気が良く、試合では守備から流れをつかめるチーム。目標は今春に残したベスト16以上を目指すこととしている。そんな四街道にはきつい練習メニューがある。それが「正月前の最後の練習での100本ダッシュ」だ。富山 悠仁主将がこのメニューを説明してくれた。「10メートルダッシュを10本、20メートルダッシュを10本というのを10メートルごとにダッシュするメニューです」。100メートルダッシュまでやって計100本のダッシュ。精神的にも、肉体的にもかなりきつい名物練習だ。

■秋のコールド負けからの決意
 新チームは史上最弱と言われ、悔しい思いをしてきた四街道ナイン。その悔しさを胸に、「四街道史上最強」のチームを目指してきた。しかし秋の大会の一次予選、対千葉敬愛にコールド負けをしてしまう。「自分たちの力のなさを感じて、もう絶対に負けたくないという気持ちでやってきました。」と富山主将。冬のオフシーズンは強豪校に負けないパワーを付け、挑戦しても当たり負けしないチームを作り上げてきた。


集合写真(四街道)

■活躍してきた選手は?
 富山主将は活躍してきた選手に織田 諒也を選んだ。「昨年の夏の大会の悔しさをバネに、この1年間エースとしてどんなチームとも渡り合えるピッチングをしてくれました」と話す。
夏のキーマンには織田のほかに柘植 亮佑、安田 剛、福澤 凌也がキーマンになると予想。安田と福澤は誰にも負けない努力家。雰囲気が悪い場面で流れを変えるプレーに注目しよう。

■絶対に頂点を獲りに行く
 夏に向け、守備からリズムを作り、接戦をものにできるチームを目指して練習している。「一戦必勝でどんなチームにも挑戦する気持ちで、秋・春の悔しさを晴らし、絶対に頂点を獲りに行きます」と富山主将。
「最弱」から「頂点」へ。四街道野球部は必ず目標を達成して見せる。

このページのトップへ

【次のページ】 自分の力を出し切る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昭和学院vs四街道【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
四街道vs日大習志野【千葉県 2017年夏の大会 第99回選手権千葉大会】
第426回 【千葉展望】序盤から好カードが目白押し!どこが抜けだしてもおかしくない激しい大会に!【大会展望・総括コラム】
第331回 【千葉抽選会後 展望】注目は木更津総合vs銚子商・柏南だけではない!見所満載の千葉大会を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
四街道vs市立柏【千葉県 2015年夏の大会 第97回選手権千葉大会】
第153回 【第97回千葉大会展望】例年以上に熾烈な戦国千葉2015を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第140回 【春季大会総括】春の戦国千葉を制したのは、2年連続で専大松戸!【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs四街道【千葉県 2015年春季大会 千葉県大会】
第135回 【春季大会展望】春から戦国模様の千葉県春季大会の見所!【大会展望・総括コラム】
四街道vs八千代東【千葉県 2015年春季大会 千葉県ブロック予選】
織田 諒也(四街道) 【選手名鑑】
四街道 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム