第66回 専修大学玉名高等学校(熊本)2017年06月27日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]嬉し涙を流す夏に
[2]監督を胴上げする
[3]最後まであきらめない野球を

嬉し涙を流す夏に

■専大玉名はどんな学校?
 昭和24年9月に玉名英学院として創立し、各種学校として発足した専大玉名。昭和41年に高等学校として認可され、同年、専修大学の付属高等学校となった。その後学校関係者の努力はもとより、地域社会の多くの方々に支えられ、今年、高校創立50周年を迎えた。全国レベルを目指す野球部や陸上、サッカー、柔道、剣道をはじめ、ラグビー、テコンドーなど多くの部活動がある。

■専大玉名野球部の紹介!
 1年生20名、2年生16名、3年生23名の計59名で活動している専大玉名。目標は、甲子園出場ではなく、甲子園でベスト4になること。苛酷なランメニューなどの練習を日々行っている。チームのウリは「タイプの違う3人の投手がいること、二遊間のコンビプレー、重量打線」だと光安 晟主将はコメントした。


集合写真(専大玉名)

■秋の悔しさからランメニューに取り組んだ
   専大玉名は昨秋3回戦で東海大星翔と対戦したが試合に敗れた。「終盤での粘りがなく、力負けしました。とても悔しかったです」と当時を振り返った光安主将。そのため、オフシーズンは試合終盤に粘れるように、ランメニューを多く取り入れた専大玉名。それにより精神面の強化につなげることができたそうだ。

■活躍してきた選手を紹介!
 光安主将は夏のキーマンに青柳 大地・濱田 快・そして自らの名を挙げた。青柳は4番一塁手として、濱田と光安は二遊間コンビとして、活躍が期待される。また、捕手の嶋田 悠人は試合前やアップ前にチームを盛り上げて、リラックスをさせるという。「雰囲気が悪い時や劣勢の時に盛り上げて、流れを作るきっかけになってほしい」と期待をよせた。

■優勝して嬉し涙を
 現在、夏の大会に向け「甲子園で自分たちがプレーしているイメージ」を持ちながら、練習に励む専大玉名。「部員全員で、頂点を勝ち取って、みんなで嬉し涙を流したいです」と光安主将。強豪ひしめく熊本大会での健闘を祈りたい。

このページのトップへ

【次のページ】 監督を胴上げする

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第535回 【熊本展望】今年はタレント揃いの熊本県!激戦の熊本を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第34回 戦前からの伝統・熊本工に迫るか九州学院と秀岳館に鎮西、城北(熊本県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第354回 巨大戦力・秀岳館に負けじと成長!下剋上を誓う強豪たち【熊本抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第152回 【第97回熊本大会展望】今年の熊本は全国的にもパワフルなチームが出揃う!【大会展望・総括コラム】
第95回 2015年の高校野球を占う【沖縄編】全国的に珍しい選抜出場校の継続的な強さ【大会展望・総括コラム】
専大玉名vs大津【熊本県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球熊本大会】
専大玉名vs氷川【熊本県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球熊本大会】
光星学院vs専大玉名【2011年夏の大会 第93回全国高校野球選手権大会】
専大玉名vs熊本工【熊本県 2011年夏の大会 第93回熊本大会】
専大玉名vs秀岳館【熊本県 2011年夏の大会 第93回熊本大会】
青柳 大地(専大玉名) 【選手名鑑】
専大玉名 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム