第61回 川内商工高等学校(鹿児島)2017年06月24日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]川内商工の襲撃
[2]応援してくださる方を笑顔に
[3]最高の歓喜へ!!

川内商工の襲撃

■川内商工ってどんな学校?
 90年の伝統がある川内商工。工業科と商業科を併設していて、様々な知識、技術を身に着けることができる。部活動も盛んで、ボート部は全国大会出場、文科系では美術部が県高校美術展で特別賞を受賞するなどの活躍を見せている。

■名物の27アウトとは?
 1年生24名、2年生21名、3年生15名の計60名で活動している川内商工野球部。グラウンドを全面使うことが出来ず、サッカー部と反面ずつ使う形になっているため、工夫しながらの練習に取り組んでいる。切れ目のない打線と積極的な走塁、そして堅実な守備を武器に夏に甲子園出場することを目指している。
川内商工の名物練習は「27アウト」というもの。松田 魁斗主将は「27アウト連続でアウトを取るまで終わらない練習です」と話す。技術、そして集中力が試される練習だ。


試合に勝利した瞬間(川内商工)

■サヨナラタイムリーでの勝利
  松田主将は印象に残っている試合にNHK旗での鹿児島工業戦(試合レポート)だと話した。延長10回表にスクイズで逆転されたものの、その裏に安田 智哉のホームランで同点に。さらにチャンスを作り山口 優樹のサヨナラタイムリーで逆転勝利。粘り強く、あきらめないで戦った結果が結びついた試合だった。

■活躍してきた選手を紹介!
 このチームで活躍してきた選手を松田主将に選んでもらうと、山口 優樹、鳥井口 温和の2人を選んだ。「山口はNHK旗鹿児島工業戦でのサヨナラ打、鳥井口は春季大会出水戦(試合レポート)でサヨナラ打を打ってくれました」。夏のキーマンには瀬口 智史、東畠 竣、鳴川 俊介の3人を挙げた。そしてもう一人、北島 龍聖はチームのムードメーカーで声の大きさはナンバー1。ベンチの中での盛り上げや、ここぞという時の雰囲気作りに期待だ。

■川内商工の襲撃
夏に向けてはスタミナ増量のため、中距離走や防寒着を着て、走り込みを行っている。松田主将は「最高の夏にします!川内商工の襲撃!」と気合十分。
目標達成へ向け、精神的、肉体的にも追い込んでいく。

このページのトップへ

【次のページ】 笑って終わりたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大島vs川内商工【鹿児島県 2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs川内商工【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
川内商工vs鹿児島中央【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
川内商工vs武岡台【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
川内商工vs鶴翔【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
第497回 【鹿児島展望】神村学園、鹿児島実、2強を軸にV争い!本物の力が問われる夏!【大会展望・総括コラム】
第158回 【第97回鹿児島大会展望】3年振りの甲子園を目指す神村学園を軸に鹿児島実、樟南、れいめいを中心に展開!【大会展望・総括コラム】
第148回 【鹿児島大会展望】「対抗馬」はどこ? 追走する樟南、鹿実、出水中央…【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回全国高等学校野球選手権鹿児島大会 展望【鹿児島県の大会展望・総括コラム】
川内商工 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム