第69回 六甲アイランド高等学校(兵庫)2017年06月28日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

薗卓哉投手、三輪幸祐主将、森口由伸選手(六甲アイランド)
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]「六アイ史上最弱」と言われた悔しさは忘れたことがない
[2]六アイの歴史に刻まれる夏にしたい!
[3]夏に向けて、悔いのない追い込みを!

「六アイ史上最弱」と言われた悔しさは忘れたことがない

■六甲アイランドはどんな学校?
 兵庫県神戸市にある神戸市立六甲アイランド高等学校は赤塚山高校と神戸商業高校を再編・統合し1998年に開校。7つの学系から所属する系を選んで学ぶ単位制の高校で、今年度から5年間は文部科学省のスーパーサイエンスハイスクールに指定されている。野球部は今春、神戸地区大会を勝ち上がり、兵庫大会でも初戦を突破。見事、ベスト16まで勝ち上がっている。

■六甲アイランド野球部の紹介
 現在、野球部は3年生31名、2年生28名、1年生25名の計84名。グランドは他部活動と共有のため全面を使える日がほとんどなく、使えるスペースも限られているので、いかに効率よく練習できるかを考えて全員がトレーニングに取り組んでいるという。三輪 幸祐主将によると、今年のチームは「投手力を中心にした堅実な守備と粘り強さ」が特長で「甲子園を見据えつつ、まずはベスト16突破」が目標だ。

■現チームに起こった出来事や試合で印象に残っていることは?
   新チーム結成時は試合経験のある選手があまりいなかったため「まずは『試合に慣れること』をテーマに一試合一試合を大事にし、必死になって戦うことにしました」と三輪主将。しかし、新チームが始動して最初の練習試合で大敗を喫してしまい、深浦 健太監督から「『六アイ史上最弱や』と言われた悔しさは忘れたことがありません」という。そして、秋季大会は地区予選で敗れて県大会に出場できなかったため、このオフシーズンでは「秋の屈辱を春・夏で晴らす」をスローガンにトレーニングをしてきた。その成果を発揮し、春季兵庫県大会は16強まで勝ち上がった六甲アイランド。だが、育英には延長13回タイブレークの末に2対3で敗退。「ロースコアで試合が進んでいくなかで何度も得点のチャンスがあったのに点を取れず。雷雨で2時間半の中断後、タイブレークでも積極的に攻撃できなくてサヨナラ負けしてしまい、自分たちの攻撃力のなさと勝負する勇気を持つことの重要さを改めて感じました」

■六甲アイランドを引っ張る選手は?
 薗 卓哉投手と森田 晃大投手は共に1年生の頃から登板経験があり、強豪校相手でも動じることなく自分のピッチングで相手打線を抑えてきた。今夏はこの両投手のほか、前川 健選手に期待しているという三輪主将。「前川はピアノをとても上手に弾けるので、ピアノで培った器用さを守備や打撃でも活かしてほしい」

■今夏への意気込み
「攻撃力アップ」と「ここ一番、勝負する勇気」をテーマに練習を積み重ねている六甲アイランド。今夏に向かって三輪主将は「兵庫県の高校の中で、一番長い夏にしたい」と意気盛んだ。

このページのトップへ

【次のページ】 六アイの歴史に刻まれる夏にしたい!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第515回 高校野球ドットコム座談会 「群雄割拠の兵庫を制するのは?」【大会展望・総括コラム】
六甲アイランドvs東播工【兵庫県 2017年春の大会 平成29年度春季兵庫県高校野球大会】
第356回 【兵庫抽選会後 展望】明石商、報徳学園の二強は大会序盤から厳しい組み合わせに!強豪校を阻むチームの存在は?【大会展望・総括コラム】
敦賀気比vs六甲アイランド、敦賀気比vs生光学園【2016年 練習試合(交流試合)・春】
第263回 2016年の高校野球を占う【兵庫編】「全国屈指の熱気とレベルを誇る兵庫県の注目選手、注目チームを一挙紹介!」【大会展望・総括コラム】
第226回 【秋季兵庫県大会】報徳学園、東洋大姫路、滝川第二など強豪ひしめくブロックも!他、注目校一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
科学技術vs六甲アイランド【兵庫県 2015年夏の大会 第97回選手権兵庫大会】
薗 卓哉(六甲アイランド) 【選手名鑑】
森田 晃大(六甲アイランド) 【選手名鑑】
六甲アイランド 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム