第55回 岡山学芸館高等学校(岡山)2017年06月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]「熱男!」をテーマに甲子園だ!
[2]全国制覇に対する熱意
[3]日常の五心を胸に

「熱男!」をテーマに甲子園だ!

■2度の甲子園出場経験のある岡山学芸館!
 1960年に創立した岡山学芸館。文科省のスーパーグローバルハイスクールの指定校に選ばれている。海外との交流も多く、様々な国の学校と姉妹校締結をしている学校だ。野球部は2001年のセンバツ大会、そして2015年の選手権大会に出場した経験を持つ。

■甲子園に出場し、1勝する
 現在野球部は計95名の大所帯で活動している岡山学芸館。グラウンドはナイター完備でサブグラウンドもあり、恵まれた環境で練習に励む。今年のチームのウリは投手力と守備力、そして元気。目標は「甲子園出場、全国制覇」。新チームが始まった際に1つ上の代が成し遂げられなかった甲子園出場を果たし、勝つことを誓った。そのチームがスタートした時の思い出深いことは?という問いに宮里 龍主将は「冬のランメニューで残り数本になったときに先生とじゃんけんをします。そこで本数が増えるか減るかが決定するので、緊張感があり、運が試されます」と教えてくれた。雰囲気の良さが伝わってくるエピソードだ。


集合写真(岡山学芸館)

■強豪校相手に粘り強い投球を見せた選手とは?
  岡山学芸館の注目すべき選手は多くいる。まずはエースの金村 尚真(2年)。右腕から投げ込む速球の最速143キロ。さらにキレのある変化球を投げ、完成度あるピッチングを見せる。豊見城中時代は第8回 BFA アジア選手権に出場した金村は、今やチームの大黒柱へ成長。そして最速137キロ左腕・倉川 太輝(2年)。常時130キロ台だが、切れのあるストレートを投げ、投球術が長けた投手だ。強豪校相手にも粘り強い投球を見せる。さらに打撃でも力強く、勝負強さを兼ね備えている二刀流である。そして宮里主将は首脳陣からの評価も高く、安定したリード、強肩、勝負強い打撃はもちろんだが、大人びた人間性も評価されており、まるで大学生?とも評価されている。小森 佑介は本来、クリーンナップに座ってもおかしくない打撃力を持った選手だが、あえて6番として座っている。勝負強く、打点もかなり多い選手だ。田頭和哉はセンターを守り守備範囲、脚力はかなり高いレベルに達しており、守備の要となる選手だ。

■先輩が行けなかった甲子園へ
 今春の県大会1回戦、倉敷商業戦の試合。この試合で倉敷商業に0対4、2安打完封負けを喫した岡山学芸館。「練習試合でも2安打に抑えられたことはなく、力不足を感じた試合でした」と宮里主将。悔しさの残る敗戦だった。
夏に勝つために、今は「熱男!」がテーマだ。一人ひとりが熱く泥臭く、粘り強い野球をすることを練習で取り組んでいる。毎日の日課であるポール間往復10本、ロープ10本というメニューもこなす。宮里主将は「最高の夏にしたいです!全国制覇を成し遂げます!」と宣言。
先輩が行けなかった甲子園へ。その想いを夏にぶつける。

このページのトップへ

【次のページ】 全国制覇に対する熱意

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第362回 【岡山抽選会後 展望】個の関西、創志学園か チームワークで勝負するおかやま山陽にも可能性あり【大会展望・総括コラム】
第20回 岡山県立瀬戸高等学校(岡山)【僕らの熱い夏2016】
第27回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図(岡山県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第273回 2016年の高校野球を占う【中国編】「髙田 萌生(創志学園)に続け!中国地区を盛り上げる選手たち」【大会展望・総括コラム】
鳥羽vs岡山学芸館【第97回全国高等学校野球選手権大会】
第33回 岡山学芸館高等学校(岡山)【初出場】【第97回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
岡山学芸館vs大阪桐蔭【2013年 練習試合(交流試合)】
宇部鴻城vs岡山学芸館【2011年春の大会 第116回春季中国地区高等学校野球大会】
岡山学芸館vs鳥取西【2011年春の大会 第116回春季中国地区高等学校野球大会】
岡山学芸館vs八頭【2010年秋の大会 第115回中国地区高校野球大会】
金村 尚真(岡山学芸館) 【選手名鑑】
倉川 太輝(岡山学芸館) 【選手名鑑】
岡山学芸館 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム