第46回 大分舞鶴高等学校(大分)2017年06月19日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

整列している様子(大分舞鶴)
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]全員が盗塁できるチーム!
[2]夏休みを甲子園で潰す??
[3]共に戦う仲間を信じて

全員が盗塁できるチーム!

■大分舞鶴はどんな学校?
 1951年に開校し、2010年に創立60周年を迎えた大分舞鶴高校。文科省にスーパーサイエンスハイスクールとして指定されている高校だ。

■Thinking Baseballで甲子園!
 今年のチームのウリは「機動力野球・走塁技術・そしてThinking Baseballです」と主将の馬見塚 涼平主将は話す。このウリで目標である甲子園出場を目指している。新チームは一つ上の代から出ている選手が多く、夏に勝ち抜くことをテーマにスタートした。

■打力を上げないと勝てないと痛感した秋
  馬見塚主将が印象に残っている試合に、秋の九州大会予選杵築戦を挙げた。「終盤まで0対で進み、最後に打たれて負けました。やはり打力を上げないと勝てないと思いました」と課題が見えた試合だった。このオフシーズンは隣の人よりも1回でも多く練習をするという「+1」をテーマに練習してきた。

■活躍してきた選手を紹介!
 この1年活躍してきた選手に益川 和馬を挙げた馬見塚主将。「チームがなかなか打てないときに我慢して0点に抑えてくれました」とコメント。また、夏のキーマンは柴尾 龍一郎だろうとも話す。そしてこのチームは全員が様々な形で盗塁できる。夏の大会で全員盗塁することに期待だ。

■悔いの残らない夏
 夏に向けて、個々のスキルアップをテーマに練習する大分舞鶴野球部。馬見塚主将は「悔いの残らない夏にします!」と宣言した。

このページのトップへ

【次のページ】 夏休みを甲子園で潰す??

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日田林工vs大分舞鶴【大分県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球大分大会】
大分舞鶴 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム