第87回 群馬県立前橋商業高等学校(群馬)2017年07月04日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]ノーシードから「最高の挑戦者」を目指す
[2]最高の仲間と最長の夏に
[3]繋ぐ野球で甲子園勝利を

ノーシードから「最高の挑戦者」を目指す

■オリックス・駿太選手の母校
 群馬県立前橋商業高等学校は大正9年に創立され、今年で95周年を迎える伝統校。「質実剛健」「文武両道」「先事後得」を校風に、部活動などの課外活動が盛んな学校だ。野球部は春夏通算8度の甲子園出場を誇る公立の強豪校で、オリックスで主力として活躍する駿太選手の出身校としても知られる。

■部員数95名の大所帯!
 1年生37名、2年生32名、3年生26名の合計95名(うちマネージャー10名)の大所帯で活動する。毎日学校から離れた場所にある野球部専用グラウンドまで自転車で移動し、厳しい練習に励む。森澤 駿主将が語るチームのウリは「安定した投手陣」「単打でつなぐ野球」「どこからでもチャンスが作れる打線」だ。

■何事も強くなろうをテーマに
 チーム全体で身長が低い選手が多いため、その分強いスイング・強い体幹・強い気持ち・強い身体と「何事も強くなろう」をテーマに、厳しい冬のトレーニングを積んできた前橋商ナイン。「8種」と呼ばれる8種目のサーキットトレーニングや、雨天時でも学校の階段を1階から7階まで30秒以内で駆け上がる階段ダッシュなど工夫を凝らした練習を行ってきた。


3年生集合写真(前橋商)

■打倒私学で甲子園出場!
 森澤主将は「先輩たちが夏の大会で私学に敗れたので、打倒私学を掲げるとともに、守れるチームを目標にしました」と語る。しかし春季群馬県大会3回戦では私学の強豪・健大高崎との勝負に敗れ、「私学との違い」を痛感した。夏の大会に向けてはレギュラーだけでなく、他のメンバーも一人ひとりが意識改革を念頭に、強い気持ちで切磋琢磨している。ノーシードから「最高の挑戦者」として公立校の伝統を復活させたい。

■夏躍進のカギとなる選手は?!
 チームの注目選手は、昨年からのレギュラーでチャンスにめっぽう強い小暮 俊介、経験を活かしたプレーでチームを引っ張る森澤 駿、大会に強く、力強いストレートが持ち味の戸谷 拓真、調子が良いときには誰にも止められないバットマン大谷 星翔の4人だ。また、チャンスでの代打打率がほぼ10割というクラッチヒッター根岸 海月にも注目だ。

このページのトップへ

【次のページ】 最高の仲間と最長の夏に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第39回 群馬県立太田東高等学校(群馬)【僕らの熱い夏2016】
第321回 【群馬展望】関東で最も勢いのある群馬県は前橋育英、樹徳、健大高崎、桐生第一の4強が中心か?【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs前橋商【群馬県 2015年夏の大会 第97回選手権群馬大会】
第165回 【第97回群馬大会展望】健大高崎、前橋育英の二強だけではない!桐生第一、前橋商の伝統校も注目!【大会展望・総括コラム】
太田東vs前橋商【群馬県 2015年春の大会 群馬県春季大会】
前橋商vs安中総合【群馬県 2014年秋の大会 群馬県秋季大会】
前橋工vs前橋商【群馬県 2013年夏の大会 第95回選手権群馬大会】
前橋商vs下妻二【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
第18回 大会の見どころ【大会展望・総括コラム】
第14回 10年春の大会総括~関東大会編~【大会展望・総括コラム】
小暮 俊介(前橋商) 【選手名鑑】
前橋商 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム