第40回 橿原学院高等学校(奈良)2017年06月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]これからの橿原学院をも変える夏にしたい
[2]「絶対に負けない」という強い気持ちは引けを取らない!
[3]人生最高の思い出と、将来の自分の励みになる夏に!

これからの橿原学院をも変える夏にしたい

■橿原学院はどんな学校?
 奈良県橿原市にある橿原学院高等学校は1964年に開校した私立校。普通科と美術科の2つの学科が設置され、普通科には特進コースと標準コースが用意されている。野球部は昨秋の奈良大会で3位、今春はベスト8と安定して上位に進出している。

■橿原学院野球部の紹介
 現在、野球部は3年生22名、2年生21名、1年生18名の計61名。上平 優人主将によると、今年のチームは「一人ひとりが自分の役割を理解して、プレーで表現できる選手が揃っています。守備からリズムが作れますし、全員が常に次の塁を狙って相手校にプレッシャーをかける機動力もあります」。また、室内練習場はないため、雨が降った時は昇降口のスペースを利用してスイングなどの練習を行っている。



集合写真(橿原学院)

■現チームに起こった出来事や試合で印象に残っていることは?
 昨秋、チームが発足した際に部員全員で話し合いを行い「どんな壁にぶつかっても全員で協力して乗り越えよう。そして、絶対に甲子園に行こうと決意しました」と上平主将。冬のオフシーズンは「秋季大会で対戦した智辯学園との試合を思い出し、夏は絶対やり返すという気持ちと悔しさを持って冬を越えた」という。その智辯学園戦は8回までリードしていたもののホームランで同点にされると、9回に5失点して逆転負け。「夏は同じような展開の試合があっても、そこからまたひっくり返す力をつけて勝ちたい」と上平主将は雪辱を期している。

■橿原学院を引っ張る選手は?
 渡邊 拓弥投手は安定した投球でピンチも粘り強く抑えてくれる頼れるエース。また、この夏は黒松 龍之介選手、國枝 正嗣選手、北川 司選手の活躍も見込まれている。そして、大きな声が出せる喜良 風大選手は、ピンチでもチャンスでもその大きな声を出すことで、流れを自分たちに引き寄せるのに貢献している。

■今夏への意気込み
 上平主将は「智辯学園天理と対戦しましたが、まだ気持ちで負けている部分がありました。だから、夏はどんな場面でも気持ちで負けないように日々、つらい練習でも気持ちを強く持って取り組んでいます」と話す。そして、「悔いを残さないよう最後まで全員が支え合って自分たちの野球をし、甲子園という大きな舞台に立って、これからの橿原学院をも変えていくような夏にしたい」と抱負を語っている。

このページのトップへ

【次のページ】 「絶対に負けない」という強い気持ちは引けを取らない!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
橿原学院vs高取国際【奈良県 2016年秋の大会 平成28年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
第184回 【第97回奈良大会展望】天理と智辯学園が同ブロック!他の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
橿原学院vs奈良女子大附【奈良県 2015年春の大会 平成27年度春季奈良県大会】
三田松聖vs橿原学院【2013年秋の大会 平成25年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
鳥羽vs橿原学院【2013年春の大会 平成25年度春季近畿地区高等学校野球大会】
一条vs橿原学院【奈良県 2011年夏の大会 第93回奈良大会】
第22回 秋季大会を振り返って(下)~奈良編~【大会展望・総括コラム】
第21回 秋季大会を振り返って(上)~奈良編~【大会展望・総括コラム】
橿原学院 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム