第35回 瀬戸内高等学校(広島)2017年06月15日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(瀬戸内)
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]伝説の延長再試合、あれから4年
[2]俺に打ってこい!!
[3]今までの自分を全力で見せる

伝説の延長再試合、あれから4年

■熱投・山岡泰輔
 広島県瀬戸内高等学校は、野球界に著名な人物を多数輩出している私立高校。プロ野球界でいえば、日曜朝の「喝!」「あっぱれ!」で有名な張本 勲さん。また、高校時代には広島新庄田口 麗斗投手(現巨人)と、今や伝説な出来事となりつつある、2013年夏の広島大会決勝で熱い延長再試合の投げ合いを演じた山岡 泰輔投手(現オリックス)もこの高校の出身だ。

■ナインが大切にすること
 その山岡投手が瀬戸内を甲子園に導いたのは2013年の夏。2017年の夏を迎えた今年の瀬戸内ナインは、「4年ぶりの広島県選手権大会制覇」を目標に邁進している。現在は3年生45名、2年生29名、1年生23名の計97名で活動しているチームは、「野球の技術の前に、普段の生活態度、学校生活、寮生活を正すこと」そして「あいさつ、礼儀をしっかりする」とまずは人間としての基本を大切に、日々を過ごす。

■注目選手は
 今年の瀬戸内の見どころは、まず「エース森石 光一郎を中心とした4名の先発投手」が一つ目に挙げられる。投手陣をリードする捕手、坂本 大輝主将によると、3年生投手の森石、山﨑 駿也、石本 涼人の3投手の活躍がこのチームを引っ張ってきたという。この夏が最後となる、3年生投手三銃士の活躍に注目だ。

 次に打撃面では、長打力満点のクリーンアップに注目。それを代表する場面として、「3番門叶・4番森石の右中間への2者連続本塁打」がある。当時3番だったが、現在はその規格外のパワーと飛距離を武器に、4番を務めている門叶 直己選手は2年生。「2年生の一発を見て、3年生の森石が意地を見せた場面でもありました」と坂本主将は思い出深そうに語る。

■4年ぶりの甲子園へ
「4年ぶりの広島県制覇」を目指す。もちろん、ナインはそれを成し遂げるための努力を惜しむことはなかった。秋は屈辱の県1回戦負け。学校に到着すると、悔しさをぶつけるように自主練習を行った。途中で抜ける者など、一人もいなかった。

 オフシーズンには、「足腰を鍛える走り込み・ウエイトトレーニングによる筋力アップ・体重を増やすための筋トレ」の3つを中心に、春夏に花開くための土台を黙々と作り上げた。レフト側にある100段の階段ダッシュは、チーム特有のメニュー。選手たちは苦しみながらも、乗り越えてきた。

 そして迎えたこの夏。坂本主将は「どこの高校よりも長い夏にする。夏の暑さよりも熱い試合をし、絶対勝つ」と固い決心を口にした。瀬戸内の長く熱い夏が、もうすぐ幕を開ける。

このページのトップへ

【次のページ】 俺に打ってこい!!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第69回 加藤拓也、山岡泰輔、佐々木千隼のドラフト1位トリオが球児へアドバイス!【ドラフト特集】
第351回 【広島抽選会後 展望】崇徳、広島商の復活により今年は大混戦!広島を熱くさせることができるか?【大会展望・総括コラム】
第28回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館などが追う(広島県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第1回 2013年度18Uの現在地【18U】
明徳義塾vs瀬戸内【第95回全国高校野球選手権記念大会】
第17回 瀬戸内高等学校(広島)【第95回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
高川学園vs瀬戸内【2013年春の大会 第120回(平成25年度春季)中国地区高等学校野球大会】
瀬戸内vs立正大淞南【2013年春の大会 第120回(平成25年度春季)中国地区高等学校野球大会】
瀬戸内vs出雲西【2013年春の大会 第120回(平成25年度春季)中国地区高等学校野球大会】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
瀬戸内 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム