第17回 上田染谷丘高等学校(長野)2017年06月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]走塁を含めた攻撃力の強化がテーマ
[2]最初は3人で始まった自主練習が、最後はチームの全員に!
[3]チャレンジャーに徹して、元気の良いプレーを!

走塁を含めた攻撃力の強化がテーマ

■上田染谷丘はどんな学校?
 長野県上田市にある県立の上田染谷丘高等学校は、1901年に小県郡立上田高等女学校として創立。その後、48年の学制改革により現校名となった。普通科と国際教養科が設置され、オーストラリアへの語学研修や台湾の学校との国際交流を行っており、05年度からの3年間は文部科学省からスーパーイングリッシュランゲージハイスクールの指定を受けた。

■上田染谷丘野球部の紹介
 現在、野球部は3年生20名、2年生16名、1年生13名の計49名。宮澤 達也主将は今年のチームについて「個人で考える力があり自己主張ができるが、チームワークも良くまとまっている」と特長を教えてくれた。


集合写真(上田染谷丘)

■現チームに起こった出来事や試合で印象に残っていることは?
 宮澤主将が印象に残る試合に挙げたのは「昨秋の長野大会出場をかけた東信大会5・6位決定戦。地球環境にヒット2本に抑え込まれ、3対0で敗れてしまいました。春のセンバツ出場という大きな目標を掲げ、力を入れて練習してきましたが県大会にも出られず、自分たちの実力の無さを痛感しました」。その悔しさから「夏の甲子園で勝つ」ことを目標に再スタートし、「冬は19時30分の完全下校の後、3年生を中心に上田城の広場に集まって自主的にトレーニングを行うようになりました」。そして、オフシーズンは「私立に負けない体作り」をテーマにトレーニングを積んできている。

■上田染谷丘を引っ張る選手は?
 宅間 啓介選手は春の東信大会上田西戦の初回にツーランホームランを放ってチームを勢いづかせた。神林 健哉投手は被安打が少なく、先発として大会や練習試合で安定した試合作りをしている。また、池田 成輝選手は秋の交流戦や東信大会で持ち味の長打を活かして得点源に、大塚 亮選手は春の東信大会で勝負強さを発揮し攻撃の軸になった。今夏は守備範囲の広さを活かして、抜けそうな打球も処理してくれる福田 龍之介選手や、盗塁成功率が高く、塁に出たら足で相手をかき回すことができる両角 紀彦選手が活躍してくれそうだ。

■今夏への意気込み
 春季長野大会では、好投手を打つことが出来なかった上田染谷丘。そこで、「走塁を含めた攻撃力の強化をテーマに練習をし、全員野球で勝利をつかみ取りたい」と、宮澤主将。目標はもちろん甲子園出場だ。

このページのトップへ

【次のページ】 最初は3人で始まった自主練習が、最後はチームの全員に!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
上田染谷丘vs飯山【長野県 2017年夏の大会 第99回選手権長野大会】
伊那北vs上田染谷丘【長野県 2017年春の大会 第136回北信越地区高等学校野球長野県大会】
上田染谷丘vs岩村田【長野県 2017年春の大会 第136回北信越地区高等学校野球長野県大会】
第355回 松本第一、長野日大などシード校は初戦から息を抜けない展開に!【長野抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第176回 【第97回長野大会展望】ノーシードの実力校が偏った混戦必至の長野大会!【大会展望・総括コラム】
上田染谷丘vs地球環境【長野県 2015年春の大会 長野県大会】
神林 健哉(上田染谷丘) 【選手名鑑】
上田染谷丘 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム