第51回 北見工業高等学校(北海道)2017年06月20日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(北見工)

昨秋の敗戦から痛感した力の差

■校訓は「自主友愛」
 北見工業高校は1964年に開校した北海道北見市にある公立校。「自主友愛」を校訓とし、「学びを尊ぶ人・心豊かな人・自分を磨く人」を重点目標としている。野球部は1972年に全国高等学校野球選手権大会出場がある。長年遠ざかっている甲子園に向かって活動を続けている。

■レベルの差を感じた昨秋
 1年生10名・2年生13名・3年生13名の計36名で活動中の北見工野球部。チームのウリである「機動力・守備・元気」をもとに、夏は全道大会を目指し、名物練習である「10本のインターバル走」などを取り入れ、レベルアップを図っている。
 「守備と走塁を武器に元気ではどこにも負けないように」という決意のもと新チームをスタートさせた北見工。特に守備では、チーム全員でシステムなどを話し合うなどして、守備練習に取り組んだ。しかし昨秋北見工遠軽に10対0のコールド負けを喫した。「力の差を感じました」と語った福島 大地副主将。それ以降のオフシーズンには、「体を大きくする」ことをテーマにウエイトトレーニングに着手した。

■主将に期待
 この1年間で活躍してきた選手に福島副主将は太田 颯斗の名を挙げた。「4番捕手で攻守ともに、チームに貢献してくれました」とコメント。また、夏のキーマンには、永井 寛達と高桑 晴生を指名。さらに、どのポジションもこなせる主将の三浦 悠雅には「主将としてチームを引っ張って、攻守ともに活躍してくれると思います」と全幅の信頼を寄せている。

■笑って終われる夏に
 現在、北見工は「守備力・走塁力の強化」をテーマに夏に向け準備を進めている。福島副主将は「チーム全員が悔いなく、笑って終われる夏にしたいです」と、最後の夏に向けて抱負を語った。

このページのトップへ

【次のページ】 悔し涙より嬉し涙を

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第197回 【第97回北北海道大会展望】本命不在も白樺学園がややリードか【大会展望・総括コラム】
第104回 2015年の高校野球を占う【北北海道編】 旭川地区、十勝地区も混戦!ダークホースはクラーク記念国際!【大会展望・総括コラム】
第77回 21世紀枠 各地区候補 紹介!北見工業(北海道)【大会展望・総括コラム】
北見工vs函館工【北海道 2014年秋の大会 第67回秋季北海道高校野球大会】
北見工 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム