第18回 都立淵江高等学校(東京)2017年06月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]ベスト8から見えてきた差
[2]ベスト32を超える
[3]有終の美を飾ろう!

ベスト8から見えてきた差

■都立淵江はどんな学校?
 1971年に開校した都立淵江高校。体育系では17、文化系では16という豊富な数の部活動がある。野球部は昨秋、1次予選を勝ち抜き、都大会出場を果たした。そんな野球部、茶川 剛史監督が就任した時には部員数は9人しかいなかったそうだ。現在は3学年合計33人で活動している都立淵江野球部。「まだまだこれからのチームですね」と茶川監督は話してくれた。

■都立ナンバー1を目指して
 都立淵江のグラウンドは広く、全面で使える日は23区内ではなかなかできない、フリーバッティングを行えるような環境で練習を積む。このチームのウリは「明るさ」だ。廣瀬 直希主将は「落ち込んでいるときでも必ず誰かが声を出しています」と話すように、練習もにぎやかだ。茶川監督も明るさについては「明るさが試合で発揮されるときは連打がでたり、セーフティバントが決まったりと気持ちが前に乗っているのがよくわかります」


集合写真(都立淵江)

■刺激になった強豪校との戦い
 昨秋は都大会出場を果たすが城西大城西にコールド負け。今春も日大豊山と戦い5回コールド、ノーヒットノーランされてしまった。「この子たちは経験が少ないです。都大会では浮足立っていました」と茶川監督。強豪校と言われるようなチームと対戦すると、試合前に気持ちで引いてしまうことが多い。だが、強豪校と試合ができたことは選手の刺激になっている。廣瀬主将は「日大豊山はバッティングがすごくて、自分たちの刺激になりました。また頑張ろうとみんなで意気込みました」と語るように、チームは前向きに敗戦をとらえることができる。これもこのチームの良さだろう。
新チームになってからは福島遠征にも行った。この遠征では野球面でも生活面でもいろんなことを学んで帰ってきた。私生活でも明るい選手たち。学校でも怒られることが多々あったが、「3年生は私生活から怒られることがなくなりましたね。メンタル的なところも成長していると思います」と茶川監督。着実に課題はクリアしてきている。

■この選手の活躍に期待!
 このチームで注目なのが中島 ジョナサンだ。もともとは左バッターだったが、昨秋はけがの影響で右バッターになった。廣瀬主将は「もとは左なのに右でも長打を打ってくれるような、頼りになるバッターです」と信頼を置いているセンス抜群の選手だ。
夏のキーマンは3年生全員。その中でも竹下 和生、黒川 聖斗、中島 ジョナサン、篠原 大地、宮川 陸玖がキーマンになると廣瀬主将は教えてくれた。そのうちの一人、篠原はチームの和を和ませてくれる存在。最後の夏はバッティングでも貢献してくれるはずだ。

■去年の借りを返す
 夏に向けて練習試合や練習が少なくなってくる3年の夏。「練習も試合だと思ってやっています」と廣瀬主将。練習試合では内容も大事だが、結果にもこだわりを持ってやっている。気が抜けていたら主将自ら声を出し、チームを鼓舞する声掛けをしていく。茶川監督も「ピンチでの声掛けや鼓舞する言葉、あとは周りの雰囲気をつかむのがうまいです。バッティングでもほしいところで打ってくれる、チームの大黒柱です」と話すように、キャプテンシーが備わっている。
廣瀬主将は最後の夏に向け、「今までお世話になった方々に恩を返せるように、また去年の借りを借りを返すと先輩に誓ったので、自分達が目標にしているベスト16以上、都立ナンバー1を目指して頑張っていきたいです」と誓った。

このページのトップへ

【次のページ】 ベスト32を超える

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第554回 エースが生まれ変わり、二松学舎大附が甲子園に!【東東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
第25回 都立淵江高等学校(東京)【冬が僕らを強くする2017】
城西大城西vs都立淵江【東京都 2016年秋の大会 東京都大会】
昭和一vs都立淵江【東京都 2016年夏の大会 第98回選手権東東京大会】
都立雪谷vs都立淵江【東京都 2015年夏の大会 第97回選手権東東京大会】
都立淵江vs都立両国【東京都 2015年夏の大会 第97回選手権東東京大会】
東京都市大付vs都立淵江【東京都 2013年秋の大会 東京都 秋季大会ブロック予選】
都立淵江 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム