第9回 愛知県立成章高等学校(愛知)2017年06月04日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(成章)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]春の悔しさを糧に
[2]やり切ったと言える夏に
[3]行こう!甲子園!

春の悔しさを糧に

■地域から信頼される、文武両道の伝統校
 愛知県の東部、豊かな自然に恵まれた渥美半島の中央にある田原市。その中央部分に愛知県立成章高等学校が存在する。藩校「成章館」の流れをくむ創立110年を超える伝統校である。地域からの信頼は厚く、全体的に素朴で穏やかな生徒が多い成章高校。設立時からの教育方針である「文武両道」をめざし、部活動にも力を入れ、活発に活動している。野球部のOBは、ここまでプロ5年間で通算48勝を挙げている小川泰弘投手である。

■甲子園で2勝が目標
 選手は61名、マネージャーは11名で合計72名で活動している成章野球部。野球部専用のグラウンド、雨の日でも練習できる設備が整うなど、環境に恵まれた場所で日々練習に打ち込んでいる。
 「チームの持ち味は堅実なプレー・積極的な打撃・全力プレーです」と語るのは、平松 礼穏主将。オフシーズンには140キロ以上の球に振り負けないよう、打撃練習に着手。「甲子園に出場し、2勝以上すること」を目標に、夏に向かってひた走っている。

■悔しい思いをした春のリーグ戦
 「非常に悔しかったし、情けなかった」と平松主将が振り返ったのは、春リーグ3位決定戦の豊橋商との試合だ。1度はコールド勝ちを収めたが、再戦となった3位決定戦では敗れてしまった。「守備・打撃・走塁。すべてにおいて気持ちの面で課題が残った。危機感を感じました」

■成章の注目選手は?
 平松主将はこの1年間で活躍した選手に小久保 椋の名を挙げた。「安定した投球を毎回してくれました」と絶大の信頼を置いている。夏のキーマンには小久保をはじめ、2年生左腕で、長身から振り下ろす直球が武器の大谷 脩真・田中 彰真・増田 竜之を指名。また、周りを明るくする原 大貴をムードメーカーとして期待している。「雰囲気を変えてほしい」と平松主将は原に期待を込めた。

■一生の思い出に残る夏に
 現在、成章は「気持ちで負けないように」というテーマで、自信を持って打撃・守備を行えるための練習を行っている。最後の夏に向けて平松主将は「負けて納得できる人はいないと思います。とにかく勝ちたい」と話した上で、「一生の思い出に残る最高の夏にしたいです!」と意気込んだ。

このページのトップへ

【次のページ】 やり切ったと言える夏に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
乙訓vs京都成章【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
京都成章vs洛星【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
成章vs加茂丘【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会】
第708回 連日接戦の気配漂う、東西愛知大会の夏の展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
成章vs渥美農【愛知県 2018年春の大会 第138回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
第69回 私学4強がそれぞれの力を示すも、微妙に勢力構図も変化し混戦の様相【愛知・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
神村学園vs京都成章【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第495回 【愛知展望】至学館と中京大中京を東邦、栄徳、享栄などが追う!【大会展望・総括コラム】
第427回 3連休は高校野球真っ盛り!注目度が高い5カードの見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第424回 【愛知展望】今年も東邦、愛工大名電などの愛知私学4強が中心!4強を追う学校は?【大会展望・総括コラム】
第368回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【後編】「試合で力を発揮するためのコンディショニング作り」 【2016年インタビュー】
第367回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【前編】「長丁場のペナントレースでも力を発揮し続けるには」 【2016年インタビュー】
第272回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘投手 「小さな投手が第一線で活躍するために必要なこと」 【2015年インタビュー】
小川 泰弘(成章) 【選手名鑑】
成章 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム