第3回 千葉県立浦安高等学校(千葉)2017年06月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]世界一の「朝礼」
[2]どんな時でも素直
[3]心にしみる大会に!

世界一の「朝礼」

■県内屈指の広い校地を持つ浦安高校
 創立は昭和48年の千葉県立浦安高等学校。平成15年には創立30周年記念式典が行われた。30学級規模という県内屈指の広い校地と充実した施設を持つ学校だ。野球部は専用のグラウンドを持ち、外野の芝もきれいな状態で管理されている。バッティングゲージからブルペンまですべてがこれまでのOBや父母会が協力して手作りしたものを利用している。

■世界一の「朝礼」
 1,2,3年生の合計56名で活動中の浦安野球部。このチームの目標は「甲子園で一勝」。つながりのある打撃と徹底力のある守備が自慢のチーム。
そして一番のウリは「世界一の朝礼を活かした一体感」だ。この朝礼について、主将の高山 雅都主将はこう説明する。「毎日朝礼をやっています。朝礼を通じて人前で話す力、聞く力を養っています。朝礼をすることで不安や不満をとっぱらい、心の壺をプラスの力で満たします。今の自分達になくてはならないものです」


集合写真(浦安)

■大差の負けからのスタート
 新チームが始まった8月上旬。茨城県の常磐大高校との試合で大差で負けた。この試合が一番印象に残っているという高山主将は「体の差、力の差があると思い、自分たちの弱さを実感したゲームでした」と振り返る。実感した体の差、力の差を埋めるため、さらに目標の「甲子園で一勝」を達成するためにこの冬は身長―95キロを目標に食事、トレーニングを重ねてきた。

■浦安の注目選手は?
 浦安の中心選手は髙橋 凱也と外川 諒。髙橋は1番打者として攻撃面でチームを引っ張り、外川は2年生ながら先発投手として秋、春とエースナンバーを背負って試合を作った。
高山主将は夏のキーマンには髙橋 凱也と工藤 丈司の名を挙げた。そして内薗 清志にはチームが落ち込んでいるときに持ち前の明るさでチームを笑顔にする活躍を、相川 翔馬には仲間にも強く当たれる勇気のある選手をもっと増やしていってほしいと期待している。さらにこのチームには、双子が3組いる。高山雅都選手、高山寛都選手の高山兄弟、岡崎天杜選手、岡崎道杜選手の岡崎兄弟、赤堀大地選手、赤堀雄大選手の赤堀兄弟である。

■行くぞ甲子園!
 夏に向けてのテーマは「大然常笑!和覇々!行くぞ甲子園!つかむぞ日本一!」をテーマに練習を積む。入試期間で練習が出来ないときに選手全員で高尾山に登り、チームメイトとの絆も深めてきた。
3年生にとっては最後の夏。高山主将は「勝負の年で目標の甲子園で一勝!を達成し、監督さんを甲子園に連れていきます!」と力強く宣言した。

このページのトップへ

【次のページ】 どんな時でも素直

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
柏中央vs浦安南【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
木更津総合vs東京学館浦安【千葉県 2017年夏の大会 第99回選手権千葉大会】
東京学館浦安vs千葉英和【千葉県 2017年春の大会 千葉県大会】
木更津総合vs東海大浦安【千葉県 2017年春の大会 千葉県大会】
浦安vs袖ヶ浦【千葉県 2017年春の大会 千葉県大会】
浦安 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム