第1回 都立富士森高等学校(東京)2017年06月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]サヨナラ負けの悔しさを糧に
[2]野球をしていて本当に楽しい
[3]とにかく闘魂でぶつかっていこう!

サヨナラ負けの悔しさを糧に

■伝統行事の「歩行会」
 東京都八王子市にある都立富士森高校。1941年に東京府八王子市立高等女子高として設立。1954年に都立富士森高校と校名が変わり、2001年には創立60周年式典を行った。都立富士森では1学年の伝統行事として、陣馬山・景信山・小仏峠・高尾山を得て高尾まで歩く「歩行会」というものが1968年から続いている。野球部は今春、東京都大会への出場を果たした。

■チームのウリは打撃力!
 都立富士森野球部は現在1年生22名、2年生14名、3年生15名の計51名。グラウンドは木曜日以外はサッカー部と半面で使っている。その中でもホームに向かってバッティング、空いたスペースでノックをするなど効率よく日々練習を積む。このチームのウリは「打撃力」。安部 宏輝主将にチームのウリを聞くと「打撃力とチームワーク。あとはオーバースローからアンダースローまで多彩な投手陣がいることです」と答えてくれた。監督の廣瀬 勇司監督も「このチームは打つチームです。予選でも打って勝ち進みました」と打撃力には自信を持っている。
その都立富士森はアップのランニングでボールを持ちながらランニングをする。安部主将は「違うことをやりながらもう一つ違うことをやることで集中力を高めるためにやっているのと、ハンドリングやトスというところも鍛えながらやっています」とその意図を教えてくれた。


集合写真(都立富士森)

■春季大会で見つかった収穫と課題
  都立富士森は昨秋の初戦、都立雪谷にサヨナラ負け。「接戦の中で守備の乱れが出てしまった」と安部主将は振り返る。打撃のチームだからこそ守備力を上げる。冬は守備を強化する練習にも積極的に取り組んだ。
「去年より断然エラーは減りました」と安部主将。確実に成果は表れていて守備も上達した。しかし都大会本戦の朋優学院戦で、エラーが失点につながり、またしてもサヨナラ負けを喫した。「秋と春でサヨナラ負けをしたのでとても悔しい。夏はまず守り抜くこと。エラーを減らして失点を減らす。そして持ち味のバッティングでどんなチームにも打ち勝てるようにしたいです」と夏に向けての課題ははっきりしたようだ。

■夏のキーマンはこの選手!
 安部主将はこの1年で活躍した選手に矢嶋 寛之の名前を挙げた。「予選のとき、代打で1本打ってほしいところで打ってくれた。人一倍努力家です」。夏に向けてのキーマンには宮田 雅史を指名。「エースで打撃の中心でもある。頼れるやつなのでキーマンになると思います」。そして池田 伊織にはベンチを明るくする働きに期待している。「ムードメーカーで明るい。攻められて困っているときに助けになると思います」と信頼している様子だ。

■最高の夏に
 新チームが始まったときは我が強いメンバーが集まりまとめることに苦労したという安部主将。しかし徐々にまとまり始め、いい方向にチームは向かっている。安部主将は「今までの野球人生の集大成。最高の夏にしたいです」と力強く宣言した。
秋、春とサヨナラ負けをした悔しさを糧に――
都立富士森野球部は最高の夏に向けて、今日もバットを振る。

このページのトップへ

【次のページ】 野球をしていて本当に楽しい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立日野vsコザvs都立富士森【2017年 練習試合(交流試合)・春】
都立富士森vs東農大一【東京都 2016年夏の大会 第98回選手権西東京大会】
都立城東vs都立富士森【東京都 2016年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立富士森vs都立小松川【東京都 2016年春の大会 春季大会 一次予選】
世田谷学園vs都立富士森【東京都 2015年秋の大会 東京都大会 ブロック予選】
第221回 【秋季東京都大会】今年の注目ブロックは?本大会をかけた一次予選の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
都立富士森 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム