第9回 週刊せり高校野球『横浜隼人の強さを象徴する3つのポイント』2017年05月19日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校野球ファンから愛される「横浜隼人」
[2]整備と用具から感じた強さのワケ
[3]試合前からも感じる横浜隼人の強さ

 皆さん、こんにちは!『バトルスタディーズ』×高校野球ドットコム「強い者にはワケがあるキャンペーン」公式レポーターの芹 玲那です。

 いよいよ今週末、5月20日から春季関東地区大会が茨城県で開幕。
 厳しい代表校争いを勝ち上がってきた強豪校同士の対戦に今からワクワクが止まりませんね!この週刊せり高校野球でも激戦必至の関東大会を次回レポートします。

 今回は、代表校を決める熱戦が繰り広げられた春季神奈川県大会で、私が最も印象に残った学校をご紹介したいと思います!
 試合の練習開始前からその学校のとある取り組みに“強さのワケ”を感じ、試合を通して選手たちの一挙一動にくぎ付けになりました――。

高校野球ファンから愛される「横浜隼人」

試合前に盛り上がる横浜隼人ナイン

 この春季大会で、絶対観戦したいと思っていたチームがあります。それは、横浜隼人です!
 念願叶い、4月29日にサーティーフォー保土ヶ谷球場にて行われた春季神奈川県大会準々決勝第2試合、桐光学園横浜隼人戦を観戦してきました。

 横浜隼人は横浜市に学校があり、1977年の学校設立と同時に野球部が創部。水谷 哲也監督は横浜隼人の監督を務めて26年。2009年、就任18年目で悲願の甲子園初出場を果たしました。
 この大会2回戦で対戦した花巻東の佐々木 洋監督は、かつて横浜隼人のコーチを務め、水谷監督を“恩人”として慕っています。結婚式を水谷監督夫妻の結婚式に合わせ仲人を頼むほどの親密さ。試合前の監督対談では、「恩人の水谷監督と甲子園で対戦できるのは夢のよう。感動している」と語っていました。

 “師弟対決”は菊池 雄星投手擁する花巻東が4-1で勝利しましたが、両チームともチームの色である選手の笑顔が光る好ゲームでした!また、花巻東の一回戦のアルプススタンドに横浜隼人の応援団が駆けつけるなど、大いに高校野球ファンを沸かせました。

 近年も8季連続で県大会ベスト8入りと、全国屈指のレベルを誇る神奈川県内でも上位常連校となっています。昨年は部員156人と県内最多。今年も142人の部員が在籍。腰を低く落として行う独特グラウンド整備は「隼人園芸」としてメディアでも取り上げられ、多くの高校野球ファンに愛されている学校です!

 神奈川県の“聖地”としてファンに愛されるサーティーフォー保土ヶ谷球場
 この日、受付などのお手伝いをされていたのが横浜隼人の部員の皆さんでした。訪れる人たち一人一人に元気に挨拶をしている姿が印象的でした。ハキハキとした声で「こんにちは!」と挨拶!私はとても嬉しい気持ちになりました。
 元気な挨拶ってやっぱり見ていて気持ちいいですし、自分がされるとこんなに嬉しいものなのだと感じたと同時に、「この選手たちはどんな野球をするんだろう」と横浜隼人の野球をいっそう観てみたいと思いました。

 また、試合で見たかったのは横浜隼人の部員の皆さんの“笑顔”です。
笑顔をモットーにしている学校は多くありますが、横浜隼人の選手たちが笑顔の理由、それは「笑顔がいい人たちには神様が降りる」からだそうです!

 野球の神様がチームに微笑んでくれると――。

 これは2009年に横浜隼人が甲子園に初出場した時にTV取材語っていたチームの合言葉です。甲子園という大舞台で、チーム全員が笑顔で闘う姿が印象に残っている高校野球ファンの方も多いのではないでしょうか!
この“笑顔”が新チームでも受け継がれているのか、是非とも球場で観てみたいと思ったんです。

 ワクワクしながらサーティーフォー保土ヶ谷球場で試合開始を待っていると、みるみるうちに球場の席が埋まっていきます。野球少年の息子さんを連れてやってくるお父さん、高校野球ファン仲間の男性方、中には女性同士でいらっしゃっている方もいます。
 3塁側・横浜隼人応援スタンドには大勢の野球部員と保護者の方をはじめとした大応援団!横浜隼人ファンの方も含め青い応援メガホンを持った方が多くいらっしゃいました。
また、県大会でサーティーフォー保土ヶ谷球場のグラウンド整備も担当する横浜隼人。試合前から会場を沸かせます。

【次のページ】 整備と用具から感じた強さのワケ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
桐光学園vs横浜隼人【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
横浜隼人vs横浜商大高【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
横浜隼人vs横浜学園【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
第15回 週刊せり高校野球『互いを高め合う力!東西の怪物が迎える最後の夏』【芹玲那の高校野球レポート】
第14回 週刊せり高校野球『日本中の高校野球ファンを感動させた親友対決を回顧!』【芹玲那の高校野球レポート】
第13回 週刊せり高校野球『知れば知るほど面白い!ユニフォームに込められた伝統』【芹玲那の高校野球レポート】
第12回 週刊せり高校野球『高校野球、ユニフォーム物語』【芹玲那の高校野球レポート】
桐光学園vs横浜隼人【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜隼人vs上溝南【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
第509回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第4回「楽しむために「自分で」努力する」 【2017年インタビュー】
第508回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第3回「なきぼくろ先生」のPL学園時代披露その2!  【2017年インタビュー】
第506回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第2回「なきぼくろ先生」のPL学園時代披露その1!  【2017年インタビュー】
第504回 バトルスタディーズ第100回記念対談!なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第1回「バルスタディ」の秘密 【2017年インタビュー】
第392回 横浜隼人高等学校 高橋淳彦選手「中本牧シニア出身のスラッガーは宮里だけじゃない!」 【2016年インタビュー】
横浜隼人 【高校別データ】

プロフィール

芹 玲那
芹 玲那(せり・れいな)
  • バトルスタディーズ×高校野球ドットコム
    「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーター。
    2006年夏の甲子園決勝(早稲田実業-駒大苫小牧)を観て、チームの勝利のために奮闘する球児の姿、全力でプレーしているからこそ生まれるドラマに心を奪われ、高校野球にのめり込む。春夏の甲子園、関東を中心に春季~秋季大会、明治神宮大会と年間通して球場で高校野球観戦。
    スコアブックに試合やチームの特色を記録し、成長の過程を見ていくことを生きがいとしている。
    また、高校野球ファンの方が集える場所を作りたいとイベント「高校野球ファン交流部」を主催。
    昨年、夏の甲子園やドラフト関連の記事を「高校野球ドットコム」で執筆する中で、「高校野球を広く世の中に伝えたい」と、女優から転身を決めた。
    今後は「高校野球レポーター」として、球児たちの頑張りを様々な形で伝えていく。
    ・公式ツイッター@seri_reina
    オフィシャルブログ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム