第3回 新連載・週刊せり高校野球がスタート!明日準決勝を迎える春季東京大会をみにいこう!2017年04月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]とにかく選手と近い!神宮第二球場
[2]神宮第二球場での観戦」は春季大会の魅力の一つ
[3]夏に注目!朋優学院

 みなさん、こんにちは!
バトルスタディーズ』×高校野球ドットコム「強い者にはワケがあるキャンペーン」公式レポーターの芹 玲那です。昨年より春・夏の甲子園レポートやドラフトレポートを執筆させていただきましたが、このたび『週刊せり高校野球』という新連載をスタートします!

 高校野球というスポーツが持つ魅力を私なりの視点でお伝えしたい――。
そんな気持ちからこの連載を始めました。
高校野球はテレビやネットニュースを見るだけでも、とても楽しいものです。
しかし高校野球は、実際に球場で観戦しなければ得ることのできない感動や発見がたくさんあるんです。
この「球場で見る高校野球の楽しさ」を私は伝えたい!

 つたない文章かもしれませんが、この連載を読んで、「明日は高校野球をみに行こうかな?」と思ってくださる方が一人でもいれば、これほどうれしいことはありません。

 ではさっそく始めましょう。第1回は、いよいよ佳境、春季東京都大会についてお伝えします!

とにかく選手と近い!神宮第二球場

 史上初の「大阪対決」でおおいに盛り上がったセンバツの“感動の余韻”を引きずったまま、東京に戻った私が向かったのは、春季高校野球東京都大会でした。

 この原稿を書いている段階で、ベスト4が決定しています。
勝ち上がってきたのは、センバツに出場した早稲田実業日大三の両校と、帝京国士舘
4校合わせると甲子園出場回数は春夏通算192回!優勝8回! 
強豪校が並び立ちましたね!
行われるのは、準決勝が明治神宮第二球場。決勝が明治神宮球場です。
注目校が勢ぞろいとあって、決勝戦は初の平日ナイターの試合となることが決定。スタンドはお客さんでいっぱいになるのではないでしょうか? いまからワクワクします!

 さて、この春季大会。センバツと夏の甲子園の間に行われるため、ちょっと地味な印象があるかもしれませんが、どうしてどうして。とても面白い大会です。
まず、チームの新たな戦力を観ることができます。

  冬の練習の成果を公式戦で発揮させられる貴重な場である春季大会。だからこそ、秋までは控えで、冬の間に成長した選手の公式戦デビューがあったり、4月に入学した新1年生が早くも試合に出場したり……。
これからの高校野球界を引っ張っていくような活躍が期待される注目選手をいち早くチェックできます!
スタンドから聞こえてくる新入生の初々しい応援が見られるのも春季大会ならではですよね。

【次のページ】 「神宮第二球場での観戦」は春季大会の魅力の一つ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第569回 高校野球ドットコムが選ぶU-18代表 精鋭20人を発表!【大会展望・総括コラム】
第9回 夏は野球応援に全てを捧げる!伝統ある日大三高の野球応援【高校野球×ブラバン特集】
第8回 「大井監督と甲子園へ、そして全国制覇へ」日本文理(新潟)の戦力を徹底分析【夏の大会特集2017】
第556回 空前の盛り上がりの中で終わった「清宮の夏」【西東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
第554回 エースが生まれ変わり、二松学舎大附が甲子園に!【東東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会】
早稲田実業vs八王子【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
東海大菅生vs日大三【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
早稲田実業vs日本学園【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
第530回 野村大樹の進化が止まらない! 【2017年インタビュー】
第529回 夏は二刀流として期待!金成麗生が剛速球左腕としてのベールを脱ぐ! 【2017年インタビュー】
第510回 鈴木 貴弘選手(日大三-JR東日本)「春4強・夏制覇に導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
国士舘 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
朋優学院 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

芹 玲那
芹 玲那(せり・れいな)
  • バトルスタディーズ×高校野球ドットコム
    「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーター。
    2006年夏の甲子園決勝(早稲田実業-駒大苫小牧)を観て、チームの勝利のために奮闘する球児の姿、全力でプレーしているからこそ生まれるドラマに心を奪われ、高校野球にのめり込む。春夏の甲子園、関東を中心に春季~秋季大会、明治神宮大会と年間通して球場で高校野球観戦。
    スコアブックに試合やチームの特色を記録し、成長の過程を見ていくことを生きがいとしている。
    また、高校野球ファンの方が集える場所を作りたいとイベント「高校野球ファン交流部」を主催。
    昨年、夏の甲子園やドラフト関連の記事を「高校野球ドットコム」で執筆する中で、「高校野球を広く世の中に伝えたい」と、女優から転身を決めた。
    今後は「高校野球レポーター」として、球児たちの頑張りを様々な形で伝えていく。
    ・公式ツイッター@seri_reina
    オフィシャルブログ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム