第9回 ヤンキース岡山 創立8年目の“若い”チームが掲げる勝利と育成の両立2018年04月14日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「地元・岡山の野球を盛り上げたい」気持ちが原動力
[2]走塁を鍛えることで、試合中に“活路”を見いだせる

[3]投打の中心と「ミレニアム世代」の弟


 2017年、地元・倉敷マスカットスタジアムで開催されたヤングリーグ春季大会で優勝を果たしたヤンキース岡山。同大会では2014年に続く、二度目の栄冠となった。更に今春のセンバツではOBが三重聖光学院の2校でベンチ入りし、甲子園の土を踏んだ。
 チームの発足は2011年。今年で創立8周年とかなり“若い”チームながら、発足から現在まで、ハイペースな成長を続けている。全国大会での安定した実績を誇る“勝利”を挙げるためのノウハウ、続々と甲子園球児を輩出する“育成”の両立に迫った。

「地元・岡山の野球を盛り上げたい」気持ちが原動力



ヤンキース岡山の選手たち

 「岡山の選手の持つ潜在能力は全国と比べても、決して引けを取らない。けれど、甲子園に出ると勝ち切れない。それが悔しくてね。少しでも岡山の野球を盛り上げる、発展に貢献したいと思ったのが、立ち上げのきっかけでした」と2011年にチームを立ち上げた木田憲治監督は発足の理由を振り返る。木田監督自身も岡山県内有数の強豪・関西出身。全国舞台で持ち得る能力を発揮し切れない県勢の姿に歯痒さもあった。

 硬式チームの立ち上げにあたり、「岡山はヤングリーグが盛んな地域」(木田監督)ということもあり、自然な形で所属連盟はヤングリーグに決定。こうして活動が開始されたのだった。

「勝ちにこだわって、育てる」とは?

 中学野球の方針は、高校野球以上にチーム個々で方向性が異なる。育成を主に置く、全国での勝ちにこだわる…。大きく分けてこの二通りに分類されるが、どちらが正解ということではなく、育成年代故の難しさがある。そんななか、ヤンキース岡山は「勝ちにこだわって、育てる。勝ちにこだわるからこそ、成長する」と方針を掲げ、指導にあたっているという。

 「『全国で勝つ』ことを目標に取り組みますし、投打の基本的な技術はもちろん、『勝つために必要』な走塁等のテクニックも細かく指導しています。敗戦から学ぶこともたくさんあるとは思いますが、理想は『勝った上で、反省する』こと。勝利を挙げて自信を得た上で、反省点、課題を洗い出し、改善していく。それが一番選手の成長に繋がるサイクルだと思っています」

 理念の意図を、このように解説してくれた宝田賢吾コーチ。もちろん、基礎的なトレーニングを疎かにしているという意味合いではない。専用グラウンドを持っていないという事情もあり、平日2回の練習では、豊富な種類を誇るトレーニングに打ち込み、素振りやティー打撃を中心に徹底的な振り込みを行っている。「走る量は他のチームよりも多いと思います」(宝田コーチ)と語るように、インターバル走などメリハリのついたランメニューで下半身も鍛え上げる。心肺機能を底上げすることで、練習量の確保、高校以降の厳しい練習にも耐えうる身体を作っていく。
 技術、体力のベースアップと「勝つ野球」を繋げるもの。安定した全国大会での実績を支えるポイントは何だろうか。宝田コーチに質問すると「守備と走塁です」と答えが返ってきた。

【次のページ】 走塁を鍛えることで、試合中に“活路”を見いだせる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
神奈川県中学硬式野球チーム特集
【関連記事】
第647回 近年は新鋭の台頭!群雄割拠の“岡山春の陣”【大会展望・総括コラム】
第43回 岡山芳泉高等学校(岡山)【冬が僕らを強くする2018】
第463回 おかやま山陽(岡山)「『大義』を胸に、甲子園初勝利を目指す」【後編】【野球部訪問】
第462回 おかやま山陽(岡山)私欲を捨て去り、二季連続出場へ【前編】【野球部訪問】
岡山県共生 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム