第5回 WBCオーストラリア代表の通訳経験者に聞くオーストラリアの野球事情2017年03月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]チームのマネージャーのような存在でもある通訳というお仕事
[2]オーストラリア代表がミズノ製品に感動!
[3]オーストラリアの野球事情

 3月6日から開幕した第4回WBC。今回、「世界」をテーマに各国のエージェントやNPB・独立リーグのフロント、またMLBのスカウトに直撃インタビュー!前回の韓国編に続き、第2回は、野球レポーター・豊島 わかなさん(元グラゼニ女子)がWBCオーストラリア代表の通訳を務めた経験のある加藤 登志久氏を直撃!

 加藤氏は高校時代、埼玉工業大学深谷高等学校(現:正智深谷)野球部でプレー。高校卒業後はアメリカでホームステイを経験し、後に短期大学に入学。アメリカでの野球経験を持ち、2009年、2013年のワールド・ベースボール・クラシック(以下WBC)強化試合ではオーストラリアの通訳を務めた。オーストラリアは今大会の一ラウンドで、日本と同グループとなり、惜しくも敗退となったが、今後の活躍への期待もこめて、加藤氏にお話を伺いました!

チームのマネージャーのような存在でもある通訳というお仕事

オーストラリア代表の通訳を務めた加藤 登志久氏

豊島 わかな(以下、豊):さっそくですが、オーストラリア代表の通訳を務めたきっかけを教えてください!

加藤 登志久(以下、加):通訳をやらせていただいたのは、2009年、2013年の2回、大阪で行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の強化試合2試合で、オーストラリア代表の通訳をやらせていただきました。

 2013年はWBC1次ラウンド前の侍ジャパンとの強化試合だったのですが、オーストラリア代表が台湾ラウンドへ行く前の試合です。とても貴重な経験をさせていただいたと思います。

 きっかけは、長年オーストラリアに在住している日本人でデニー丸山さんっていう方がいるんですけど、その方は日本との橋渡しをしている方で、その方から通訳の話をいただいて、といった経緯があります。

豊:WBC代表の通訳という仕事のおもしろさだったり苦労話とかはありますか?

加:通訳といっても、チームのマネージャーみたいな存在でもあります。グランド内のことだけでなくグランド外のことも考えて、宿舎でのこととか、全てのいろいろな調整役を担当するのが通訳の仕事。選手の洗濯物も、集めてランドリー業者へ渡すっていうこともやります。

豊:そうなんですね!
WBC代表の通訳のお仕事って、選手たちの通訳だけではないんですね!

加:メディアに映る部分は会見のときとかが多いと思うんですけど、本当にいろいろやってます。自分は元々野球をやっていたのでわかる部分もあるんですが、基本的にいろんな部分にサービス精神がないとなかなか難しい仕事なんじゃないかなと思います。

 例えば、バスで移動中に渋滞にはまったので球場側や強化試合主催側に連絡とったり、今度は試合が終わって帰るときに渋滞はまったのでホテル着くの遅れますっていう連絡を入れたりします。ホテル着いてからインタビューとかっていうケースもあるので、そういう風に常に先のことを読みながら先方に連絡を入れたりとかをします。

 また、各チームには大体の広報担当の方とかもいるので、取材の話が来た時に担当の広報の方に連絡を取ってやりとりをしたり、あとは試合の主催側発信で記者会見を開くという話がくるので、チームの予定表を見ながら、このタイミングでできると思いますとか、チームのマネージャーさんと相談して決めたり。そういうのが私の仕事でした。通訳というより、どちらかというとマネージャーといいますか、マネージャーの補佐といいますか、そういう感じですね。

豊:かなり大変そうですが、やっているなかでの苦労話とかはありますか?

加:選手が1チーム総勢30名くらいいるので、グラウンド内にいるぶんには野球だけやっているんで全然問題ないんですけど、やっぱりホテル帰ってから自由時間になると、その間買い物行きたいんだけどどこがオススメ?とか、そういうリクエストが5人も6人も来ちゃうと、5、6箇所どこかへ連れて行くというのもあり得るので、そこは大変でした。

 自分の場合はホテルに帰ってからホワイトボードを用意して、なんでも相談掲示板みたいなのを設置していたので、そこでリクエストを集めて多数決で多いところに連れて行ったりしました。好奇心のある選手は個々でスマホのアプリとかで見た情報を頼りに自分で頑張って行ったりはしてましたけどね。

【次のページ】 オーストラリア代表がミズノ製品に感動!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本vsオーストラリア【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
第590回 【侍ジャパンU-18展望】指揮官のコメントから探るスーパーラウンドへの戦い方【大会展望・総括コラム】
第563回 福岡ソフトバンクホークス・千賀 滉大投手「お化けフォークの秘密」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
第550回 福岡ソフトバンクホークス・千賀 滉大投手「腕は勝手に振れるもの」【Vol.2】 【2017年インタビュー】
第544回 福岡ソフトバンクホークス・千賀 滉大投手「世界のSENGA」を支える「腕振りの統一性」【Vol.1】 【2017年インタビュー】
第7回 侍ジャパンのバッテリーの配球から初球の入り方を学ぼう!【WBC特集】
第6回 剛速球と豪快なホームランが醍醐味のドミニカ野球を徹底解剖!【WBC特集】
第4回 WBC韓国代表を調査!韓国野球エージェントに、グラゼニ女子がインタビュー!【WBC特集】
第107回 WBCで注目している選手は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
韓国vsオーストラリア【第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
オーストラリアvsチェコ【第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本vsオーストラリア【第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
第174回 信濃グランセローズ 大塚 晶文監督 【2014年インタビュー】
第18回 ブルータグ株式会社 南 啓介さん 【2008年インタビュー】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム