第1回 グラブの刺繍に込めた青春コトダマ【浦添商・中部商編】2017年06月23日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 昨今、自分のお気に入りのグラブに、好きな言葉を刺繍でいれて愛用するプレーヤーが増えてきました。グラブの刺繍の言葉には、選手一人ひとりどんな思いがあるのでしょうか?今回は「コトダマ」企画の特別編として、球児たちのグラブの刺繍にまつわるエピソードを取材しました。

グラブの刺繍に込めた想い

儀保 俊幸(浦添商)

儀保 俊幸(浦添商・3年生)
「Urasho」

 浦添商でずっと練習してきて、グラウンドにもお世話になっているので、チーム名でもある浦添商の言葉をアルファベットにして、「Urasho」という文字をグラブに刺繍しました。この夏は、このグラブで、去年の3年生たちの分も自分たちが頑張って甲子園に行きたいです。

宮城 遼(浦添商)

宮城 遼(浦添商・3年生)
「継続は力なり」

 練習でコツコツ積み重ねてきたことを試合で出せるように、この言葉をグラブに刺繍しました。これまでの練習の成果を発揮して、この夏は、秋と春ににコールド負けした悔しさを晴らすため、全員一丸となって戦っていきたいです。

前田 亮(中部商)

前田 亮(中部商・2年生)
「扇の要」

 僕はキャッチャーをしているので、「守備の要」として崩れないようにプレーしたいという思いで、この刺繍を入れました。チームの扇の要として活躍したいです!

與古田 行弥(中部商)

與古田 行弥(中部商・2年生)
「準努楽大」

 この言葉の意味は、準備する、努力する、野球を楽しむ、人として大きくなる!という意味です。この思いを大事にしたく、グラブに刺繍しました。この夏は、3年生と一緒に甲子園目指して頑張ります!

中濱 太洋(中部商)

中濱 太洋中部商・2年生)
「奮闘報恩」

 奮闘報恩の奮闘とは、努力すること。報恩とは、恩を返すことを意味しています。僕は、鹿児島県の沖永良部出身なので、ここで頑張ってる姿を、島の人に見せることで恩返ししたいです!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
中部商vs開邦【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
浦添商vs知念【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
本部vs中部商【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
中部商vs八重山商工・宮古工【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
浦添商vs美里【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
第455回 今年の沖縄も実力派揃い!春から激戦が予想される県大会の見所を徹底紹介!【2017年沖縄春季県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第442回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「まずはストレートを100パーセント打てる選手になろう」【後編】 【2016年インタビュー】
第441回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「高い探究心で辿り着いたスラッガーの道」【前編】 【2016年インタビュー】
第423回 【沖縄展望】秋の沖縄をリードする学校は?群雄割拠の沖縄 いよいよ幕開け!【大会展望・総括コラム】
第76回 49地区別、ここ10年間の夏の甲子園勝利数ランキング!【データで楽しむ甲子園2016】【夏の大会特集2016】
第384回 【沖縄大会総括】 波乱といわれた沖縄の夏を制したのは嘉手納!【大会展望・総括コラム】
第305回 【沖縄展望】どこが出場してもおかしくない群雄割拠の沖縄の夏がやってくる!【大会展望・総括コラム】
第125回 富士大学 多和田真三郎 投手 (中部商出身) 【2013年インタビュー】
浦添商 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム