第106回 県立大竹高等学校(広島)2017年03月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(大竹)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]先輩達のベスト8を超える!
[2]「強打の大竹」と言われるように
[3]一つ一つの積み重ねが大きな成果を上げる

先輩達のベスト8を超える!

■学校裏の山で下半身強化!
広島県立大竹高等学校は、大竹市にある公立高校。1968年に、現在の校名に改称された。有名なOBとして、プロ野球歴代盗塁数2位の記録を持つ、広瀬 叔功さん(元南海)がいる。現在、野球部の部員数は1年生14人、2年生10人の計24人。この冬は、下半身強化を目指し、学校裏の傾斜が急な山を走るなど、ランメニューを多く取り入れている。また、室内練習場がないため、雨の日には屋根のある渡り廊下を使い、日々練習に取り組む。

■打撃に大きな課題
昨秋、チームはベスト8進出を果たした。印象に残る試合として、吉尾 竜一副主将は、2回戦の総合技術との一戦を挙げた。初回に先制されるも、臼井 大翔投手が粘りの投球。その後追いつき、延長戦に突入。延長14回に峯岡 将吾選手のタイムリーなどで勝ち越し、3対1で勝利した。試合中、臼井投手が手をつってしまい、治療をしながら投げ続けた。この気迫を見て、「気合が入った」と吉尾副主将。死闘を制したのはとても大きかったようだ。そんな秋を振り返って「投手を中心とした守りが良かった。しかし、全体的にチャンスでの1本が出なかったので、残塁がとても多かった」と、打撃に大きな課題を残したことを口にした。

■この冬の意気込み
来春のキーマンとして、吉尾副主将は臼井投手、峯岡選手、好川 嘉一選手の名を挙げた。中でも、好川選手には「ホームランとチャンスでの1本に期待したい」と絶大な信頼を寄せている。春はベスト8に入ってシード権、夏は甲子園出場を目標としている大竹高校。吉尾副主将は「冬にあれだけ頑張った、と自信が持てるように冬の練習を頑張りたい」と、力強く語ってくれた。

このページのトップへ

【次のページ】 「強打の大竹」と言われるように

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第351回 【広島抽選会後 展望】崇徳、広島商の復活により今年は大混戦!広島を熱くさせることができるか?【大会展望・総括コラム】
大竹 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム