第65回 県立金沢商業高等学校(石川)2017年02月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(金沢商)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]出塁や進塁にこだわった「つなぐ野球」が信条
[2]挨拶などの礼儀がしっかりしている!

出塁や進塁にこだわった「つなぐ野球」が信条

■金沢商はどんな学校?
石川県金沢市にある石川県立金沢商業高等学校は1900年に金沢市立金沢商業学校として開校。1907年には石川県に移管し、石川県立金沢商業学校に改称された。その後、幾度かの校名変更を経て、59年に現在の校名となる。部活動は盛んで、女子バレーボール部は全国大会の常連。野球部は23年夏66年夏に甲子園出場。14年秋は石川大会で優勝し、北信越地区の21世紀枠推薦校となった。さらに16年春は準優勝、昨秋もベスト8と、県内では上位の常連校となっている。

■金沢商野球部の紹介
現在、野球部は2年生24名、1年生24名の計48名。小原 敦生学生マネージャーは、今年のチームを「状況に応じて『自分がやるべきことを決断する意識』を持ち、感謝や恩返しの気持ちをプレーで示すことができる」と、評している。また、平日の練習ではサッカー部やソフトボール部と共同でグラウンドを使っているため、ピロティや体育館も利用して練習を行うこともある。

■金沢商を引っ張る選手は?
小原学生コーチは「昨秋は高田 倫彰が背番号を背負った自覚を胸にマウンドで堂々と力を発揮し、強豪チーム相手に立ち向かっていってくれた」と、話す。また、今春については、俊足で守備範囲が広く、強肩で正確なコントロールを持っている田中 優人選手。打球に対する一歩目の速さと正確な捕球ができる高畠 嶺哉選手らをキーマンに挙げている。

■秋季大会でつかんだ手応えと課題
昨年の秋季石川大会では大量得点を挙げた試合が目立った金沢商。初戦は21得点、続く3回戦は10得点を奪った。「自分たちのチームは長打が打てる選手が少ないので、出塁や進塁にこだわって『つなぐ野球』をしています。特に、走塁面では様々な場面を想定して、次の塁を狙うための準備を意識するように取り組んでいます」と、小原学生コーチ。しかし、準々決勝の遊学館戦では序盤にリードしたものの2対4で逆転負け。「失点0のイニングを積み重ねることが、いかにたいへんで困難なことか痛感した」という。そして、「強豪校との体力面の差をうめることと、バッテリーを強化することが課題」と、秋季大会で得た貴重な経験を今後に活かしていくことになる。

■この冬の意気込み
「室内での練習が多くなりますが、そのなかでどれだけ実戦を意識してレベルアップするための時間を過ごせるかが大事になってくると思います。体力強化、体重増加、型作りなど、秋からさらに成長した姿を見せられるように励み、負けた悔しさと支えていただいている方への感謝の気持ちを活力にして、一日一日を積み重ねていきます」と、小原学生コーチ。目標は「石川県の歴史にチャレンジし、全国大会に出場すること」だ。

このページのトップへ

【次のページ】 挨拶などの礼儀がしっかりしている!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第368回 今年は星稜や遊学館だけではない。公立にも人材が集結!【石川抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第58回 鵬学園高等学校(石川)【僕らの熱い夏2016】
第56回 石川県立小松高等学校(石川)【僕らの熱い夏2016】
第5回 星稜、金沢、遊学館の三すくみ状態が今後も続きレベルアップも期待される(石川県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第215回 【甲子園】今年の1、2年生は投打に魅力的な逸材ばかり!将来のドラフト候補は誰だ?【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs遊学館【第97回全国高等学校野球選手権大会】
遊学館vs九州学院【第97回全国高等学校野球選手権大会】
遊学館vs富山第一【2013年春の大会 第128回(平成25年度春季)北信越地区高等学校野球大会】
遊学館vs敦賀気比【2013年春の大会 第128回(平成25年度春季)北信越地区高等学校野球大会】
敦賀気比vs遊学館【2012年秋の大会 第127回(平成24年度秋季)北信越地区高校野球大会】
第73回 遊学館高等学校 土倉将、山中将誉選手 【2011年インタビュー】
金沢商 【高校別データ】
遊学館 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム