第6回 自由ケ丘高等学校(福岡)2017年01月11日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(自由ケ丘高等学校)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]県大会前のコールド負けがチームを変えるきっかけに
[2]選手同士で指摘しあえるところが強み
[3]柱となる投手が出てきてほしい

県大会前のコールド負けがチームを変えるきっかけに

■春1回、夏1回出場経験のある自由ケ丘
福岡県北九州市にある自由ケ丘高等学校。1947年に開校した同校は2002年に現校名となった。野球部は2010年春2013年夏に甲子園出場を果たしており、OBではオリックス期待の大型外野手・武田 健吾選手が有名だ。
4年ぶりの夏の甲子園出場を目指す自由ケ丘の取り組みを追った。

■ベスト8まで勝ち進んだ秋季大会を振り返る
上原 賢勇主将は今年のチームについて、辛抱強くまとまりがあり、ベンチメンバーの役割がしっかりしているチームだと語る。今年のチームが県大会ベスト8まで勝ち進めたのは、第13回北九州市内高校新人野球大会準々決勝で小倉高にコールド負けしたことがきっかけだ。
「見事に自分たちの弱さや甘さが出た試合でした。勝利に対しての貪欲さがなく、執着心もなかった。チームとしてのまとまりがなく、個々の力だけで戦ってしまった試合でした。あの痛い思いがあったことは良かったと思います」

 それから自分たちの野球を見つめ直した自由ヶ丘ナインは県大会を順調に勝ち進み、5回戦で、夏甲子園出場の九州国際大付と対戦。まさにこの試合は自由ヶ丘ナインの強みを発揮した試合だった。試合序盤、自分たちのミスに付け込まれての3失点。しかし2番手で登板した1年生左腕の麻生 真司投手がしっかりとゲームを立て直し、我慢の試合展開の中、8回、代打の下池 倖太郎選手が突破口を切り開き、代打、代走攻勢で4得点を入れて逆転に成功してベスト8進出を決めた。

 この試合について上原主将は、
「本当にしっかりと全員が試合に集中でき、役割を意識してしっかりと準備できたのが勝因です」

 しかし準々決勝で九州大会優勝の福岡大大濠と対戦し、0対4で完封負けと悔しい結果に。この試合の敗因について上原主将は「2回の二塁牽制死が痛かったです。流れをつかみにいった時のミスでしたので、相手に流れを渡すきっかけになりました」と分析。福岡大大濠に負けた悔しさを忘れずに1日1日を無駄にしないようにし、春は九州で一番、夏は甲子園に行くという目標に向かって、妥協のない冬を送っている。

■秋の大会で活躍した選手たち
上原主将に秋の大会で活躍した選手たちを紹介していただいた。
まずリリーフで好投し、特に九州国際大付戦のロングリリーフをこなし、逆転を呼んだ1年生左腕の麻生選手、安定した守備と打撃でチームに貢献する木村 大成選手。九州国際大付戦での同点適時打を放った三原 大地選手、小技や足を使った打撃の良さがある今宮 徹太選手。九州国際大付戦の代打として登場。火の出るようなセンター前ヒットを放ち、流れを呼んだ下池選手、九州国際大付戦の代打として適時打を打った阿部 康太選手がベスト8の原動力となった。
また春のキーマンとして、146キロ右腕の柳原 優太投手や、安田 主璃選手、藤本 倖介選手の活躍も期待される。

このページのトップへ

【次のページ】 選手同士で指摘しあえるところが強み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第66回 2017年ドラフト先取り!【投手編】この1年でどれだけ本物の投手になれるのか?【ドラフト特集】
第54回 高校生投手は豊作!ドラフト前に押さえておきたい31名の投手たち【ドラフト特集】
第32回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く(福岡県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第345回 【福岡抽選会後 展望】福岡大大濠はいきなり福岡第一と!どこが抜け出してもおかしくない激戦の組み合わせに【大会展望・総括コラム】
第64回 福岡県常磐高等学校(福岡)【僕らの熱い夏2016】
延岡学園vs自由ケ丘【第95回全国高校野球選手権記念大会】
熊本工vs自由ケ丘【2012年春の大会 第130回九州地区高校野球大会】
自由ケ丘vs佐賀工【2012年春の大会 第130回九州地区高校野球大会】
自由ケ丘vs宮崎西【2012年春の大会 第130回九州地区高校野球大会】
宮崎西vs自由ケ丘【2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球大会】
岩田 諒大(自由ケ丘) 【選手名鑑】
柳原 優太(自由ケ丘) 【選手名鑑】
自由ケ丘 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム