第12回 県立宮古総合実業高等学校(沖縄)2017年01月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(宮古総合実業高等学校)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]離島のハンデをものともしないベンチワークと粘り強さ
[2]守備からベンチに戻るのが楽しみなくらい大好きなチーム!
[3]全員でやり遂げる冬

離島のハンデをものともしないベンチワークと粘り強さ

■多くの部活動が優秀な成績を残している宮古総合実業
沖縄県宮古島市にある宮古総合実は1946年に創設され、2007年に県立翔南高等学校と県立宮古農林高等学校が再編統合し現在の校名となった。また、キャンパスは広大で翔南キャンパス、農林キャンパスに別れ、目の前にはパイナガマビーチの海が広がっている。離島というハンデを背負いながらも、部活動は非常に盛んで男子バレーボール部や陸上部などが全国大会に出場し優秀な成績を収めており、そして野球部は秋季大会準々決勝で沖縄県優勝の美来工科と3対4と1点差勝負を繰り広げ、沖縄県の21世紀枠推薦校に選出されている。主なOBは昨年まで千葉ロッテマリーンズに在籍していた川満寛弥投手がいる。離島という環境の中、日々どんな思いで練習をしているのだろうか。

■学年を超えた仲の良さと粘り強さ
1年生10人、2年生8人と部員数は少ないチームではあるが、その分1、2年生の仲が良く上下関係がない。下里杏太主将は「試合中のベンチワークや秋の大会でも見せた粘り強さがチームの特徴です」と語ってくれた。宮古島市にあるということで、離島というハンデを感じているかと思いきや、下里主将によるとそこまでハンディと感じていないようだ。
「本島のチームと比べると試合をする相手数が少ないけど、逆に本島のチームのことを知らないぶん何も考えないで出来たかなと思います」
と思い切った戦いができた分、秋の躍進につながった。

■宮古総合実の注目選手を紹介!
秋の大会で活躍した選手について伺ったところ、秋の大会の全試合、守備で活躍した池田 理玖選手や1回戦の沖縄工戦で10回に勝ち越し二塁打を放った友利 由貴也選手、そして下地 翔登選手や仲宗根 純平選手をあげてくれた。さらに今後の活躍を期待している選手として下里主将は濱川 真輔選手、米濱 相憂喜選手を挙げてくれた。

■沖縄優勝校を追い詰めた秋季大会
秋の大会について主将の下里選手に振り返ってもらった。
中央大会那覇戦はとても印象深いですね。5点差で終盤まで負けていたのに8,9回と得点を重ねて勝利できたので嬉しかったのですが、秋季大会では準々決勝で美来工科に1点差で破れた時は本当に悔しかったです」と悔しさをにじませていた。チームにとって成長を実感できる大会であったと同時に粘り強さという良さを発見できたことも非常に大きな収穫であると言える。また、小さなミスからの失点が課題であることもわかったということで非常に有意義な大会になった。

■オフシーズンの取り組みと今後の意気込み
オフシーズンの目標は体重を10キロ以上アップという目標を立てて、さらに秋の大会の敗戦理由であるエラーを改善することも目標にしている。そのために選手が取り組んでいるのが往復14.3キロもの距離がある伊良部大橋のランニングやサーキットトレーニング、さらには炎のノックと呼ばれる練習だ。下里主将は今後の目標について「秋の大会で結果を残し警戒されることが多くなると思うので、今年の冬は体を2,3倍大きくして力をつけ、技術もレベルアップして、甲子園で勝てるチームを目指します。そして春と夏で美来工科にリベンジして沖縄県制覇を目指します」と力強く宣言した。

このページのトップへ

【次のページ】 守備からベンチに戻るのが楽しみなくらい大好きなチーム!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
北山vs那覇商【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
沖縄尚学vs沖縄工【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
沖縄水産vs美来工科【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
沖縄尚学vs那覇商【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
糸満vs那覇国際【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第490回 【沖縄展望】いよいよ来週開幕!群雄割拠の沖縄を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第455回 今年の沖縄も実力派揃い!春から激戦が予想される県大会の見所を徹底紹介!【2017年沖縄春季県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第28回 県立名護高等学校(沖縄)【冬が僕らを強くする2017】
第406回 県立美来工科高等学校(沖縄)「関東遠征など豊富な試合経験を糧にして」【後編】【野球部訪問】
沖縄工 【高校別データ】
那覇 【高校別データ】
那覇工 【高校別データ】
宮古総合実 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム