第7回 木製バットでないからこそ良い日本野球2018年02月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

金属バットと木製バット、それぞれメリットはある

 4回連載でお届けしている「世界の高校野球シリーズ・台湾編」。第3回は、木製バットでないからこそ良い日本野球について。今回も、野球留学で台湾より来日し2度甲子園出場を決めている呉承達さん(日南学園―鈴鹿国際大―関西独立リーグ)に、木製バットを使用してる台湾高校野球の現状を交えて、お話を伺いました。

金属バットと木製バット、それぞれメリットはある

 高校球児も、U-18国際大会などで木製バットを使用するが、最近は国際化に対応するため早くに木製バットに順応できるよう、国際大会だけでなく、高校生から木製バットを使用することはどうだろう?という一部の意見も聞く。

 ただし、安易に木製バットが良いといえるのだろうか?

 台湾では、高校生が木製バットを使用している。そんな台湾から日本留学し、2度の甲子園出場経験のある呉承達に木製と金属バットについて聞いた。

「高校生が木製バットを使うのはまだ早いと思う」

 それが第一声だった。

「スラッガーが生まれない。高校生のうちは小さくならずに、振り切ることが大事である。結果を残したい選手が木製バットを使用することで、どうしてもこじんまりとしてしまうことは非常にもったいない。大きな当たりがでないのなら、コンタクトをうまくする方へ舵を切りたい、指導者・選手の気持ちもわかるが高校生のうちは振り切ることが大事です」

 日本では現在、金属バットが使用されているため、どうしても、高校生が金属から木製バットに移行して、一番最初に直面する問題に目がいきやすが、実際に木製バットを使用している国の選手が提示する「順応」以外のファクターは、見過ごされやすいが、大事な点であるといえる。

 さらに呉は、打者だけでなく投手への弊害も語ってくれた。

「投手も、簡単に抑えられるということで成長ができない。そう言う意味で、金属バットを使用している日本の高校生は投打にレベルが高いと思います」

 金属バットのメリットを語ってくれた呉に敢えて意地悪な質問をしてみた。

「台湾で本塁打30本、2年連続打率4割以上を記録した王 柏融(ワン・ボーロン)はどうなの?」

すると、呉は笑いながら、

「王 柏融は、例外中の例外だよ」と答えた。

 高校生から木製バットを使用するのが良いのか、金属バットが良いのか?この問題は、簡単には言えないかもしれない。ただ実際に、日本では金属、台湾では木製バットとこの両方を経験したからこそ言える呉の言葉には重みがある。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第8回 台湾の球児は甲子園をどのように思っているのか?【世界の高校野球】
第6回 日本の球児に足りないものは、自分自身で考える力!【世界の高校野球】
第5回 台湾出身の元高校球児が語る日本野球の凄さ【世界の高校野球】
韓国vs台湾【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日向学院vs日南学園【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
日南学園vs宮崎海洋【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
第525回 宮崎県展望「剛腕投手輩出県こと宮崎。今年も藤谷、森、木幡などプロ注目がズラリ!!」【大会展望・総括コラム】
作新学院vs日南学園【2017年 練習試合(交流試合)・春】
鹿児島実vs日南学園【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
日南学園 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム