第79回 甲子園最高チーム打率はなんと.448!強打を誇った歴代最強打線は?2016年08月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]1位 .448という驚異の打線で優勝を果たした駒大苫小牧
[2]2位 自らの記録を塗り替えて堂々の優勝を果たした日大三
[3]3位 99安打、65得点と圧倒的な打撃で優勝を決めた大阪桐蔭

 本日14時から試合開始となる夏の甲子園決勝戦。初の優勝を目指す北海と54年ぶりの2回目の優勝を狙う作新学院となった。北海のここまでの打率は、3割1分6厘。作新学院の打率は、2割8分4厘。打力的には北海がリードに思われるが、作新学院のエース今井 達也をどれだけ打ち崩せるか。また、北海のエース大西 健斗もそう簡単には攻略できない。見応え十分の決勝戦となった。

 さて、歴代の甲子園優勝校を振り返ると、やはり打って勝ち上がった学校が多い。そこで今回は、甲子園でのチーム打率上位のチームを振り返っていきたい。

1位 .448という驚異の打線で優勝を果たした駒大苫小牧

駒大苫小牧のユニフォーム

 第1位は2004年駒大苫小牧。なんと、チーム打率.448!個人ではなく、チーム全体でそれだけ打てば、相手校からすれば、たまったものではない。
2回戦から登場した駒大苫小牧は、いきなり佐世保実相手に15安打を浴びせ、7対3で快勝。そして3回戦では強打の日大三と対戦し、11安打放って、7対6で競り合いを制する。

 準々決勝ではプロ注目の涌井 秀章(現・千葉ロッテマリーンズ)擁する横浜と対戦し、18安打で6対1と快勝。残塁13は反省点だが、林 裕也がサイクル安打を達成するなど、記録ずくめの1日になった。
さらに準決勝では東海大甲府と壮絶な打撃戦を制し、10対8で決勝進出。

 決勝戦では選抜優勝の済美と対戦。この試合でも打撃戦に。13対10で済美を破り、北海道勢として初の甲子園優勝を決めた。全試合で2桁安打と攻撃面では全く隙がなかった駒大苫小牧。また忘れてはならないのは5試合で失策はわずかに「1」だったこと。攻撃、守備すべてにおいてハイレベルなチームだった。

駒大苫小牧の戦い
2回戦:佐世保実戦 7-3 33打数15安打
3回戦:日大三戦 7-6 29打数11安打
準々決勝:横浜戦 6-1 40打数18安打
準決勝:東海大甲府戦 10-8 34打数14安打
決勝:済美戦 13-10 38打数20安打
43得点 174打数78安打 チーム打率.448

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 第2位!自らの記録を塗り替えて堂々の優勝を果たした日大三

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三vs都立豊多摩【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
大阪桐蔭vs四條畷【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
第731回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第12回 大阪桐蔭、春夏連覇へ始動。夏を戦う20人の戦士たち【100回記念大会特集】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
日大三vs都立杉並【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第729回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第719回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第718回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム