第47回 清宮幸太郎と万波中正の違いとは?超高校級プレーヤーを徹底比較!2016年08月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]徹底比較!清宮幸太郎と万波中正の違いとは?
[2]アウト1つでも大砲だと印象付ける万波

徹底比較!清宮幸太郎と万波中正の違いとは?

左:万波 中正 (横浜)、右:清宮幸太郎(早稲田実業)

 高校通算53本塁打の清宮 幸太郎早稲田実業)に続くスラッガーとして期待されているのが万波 中正だ。東練馬シニア時代から投打ともにずば抜けたパフォーマンスを見せていた万波。

 中学時代、投手として最速138キロを計測しているように強肩強打の外野手として、1年春からベンチ入りし、甲子園でもベンチ入りを果たしている。そんな万波に対し、期待度は高く、清宮級の活躍が期待されている。ただ本人は大きな差があると実感しているだろう。当時の清宮を思い出しながら比較をしていきたい。

 今ではどのコースにも打ち分け、手が付けられない勢いとなっている清宮 幸太郎。その清宮の1年生の頃は、まだ打球が上がることが少なく、ライナー性の打球が多かった。素晴らしかったのは三振が少なく、しっかりと芯に当てることができていたこと。しっかりとボールをコンタクトをして、前へ飛ばす能力が誰よりも優れていた。打球の角度が付かないだけで、それさえできれば、本塁打連発できる可能性は秘めていたのだ。

 すると、清宮は1年秋から本塁打を連発。ブロック予選・都大会で4本塁打を打つと、そして一冬の間に筋力トレーニングに取り組んだり、確実性を高めるために、右足をすり足気味に上げるフォームに修正してから一気に本塁打を量産。春では7打数4安打、1本塁打3打点、夏では12打数7安打、3本塁打8打点に大活躍。超高校級の技術に、超高校級のパワーを身に付けた清宮に隙が全く見当たらない。

 一方、万波は、身体に秘めるパワー、飛距離は清宮以上だ。なんといっても190センチ92キロと高校1年生どころか、高校生レベルを超越した体格をしている。ジャンカルロ・スタントンに憧れる万波は、かなり動きが小さく、ほぼノーステップで打ちに行く。しかし気になるのは、動作が少なすぎて、いわゆる遊びがない。そのためかなり柔軟性がないフォームになる。スイング自体は豪快でおもわず観客が「おっ」と挙げてしまうほどのものだが、始動が遅れ、春先には、130キロに振り遅れるということがあった。

【次のページ】 アウト1つでも大砲だと印象付ける万波

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
八王子vs早稲田実業【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第731回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs早大学院【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
れいめいvs松陽【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
第22回 世界のホームランキング・王貞治の知られざる高校時代を紐解く!【高校野球ヒストリー】
第719回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第718回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
第710回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【野手編】【大会展望・総括コラム】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第659回 逆襲の横浜、完ぺきな内容で春制覇!南北ともに混戦模様に。【大会展望・総括コラム】
日大三vs早稲田実業【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早稲田実業vs関東一【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第683回 雪山幹太(早稲田実業)「135キロでも詰まらせるストレートへのこだわり」 【2018年インタビュー】
第671回 野村大樹(早稲田実業) 「ライバルによって掻き立てられた甲子園への想い」 【2018年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
万波 中正(横浜) 【選手名鑑】
向上 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
向の岡工 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム