第11回 巨人ドラ1・原 俊介氏が率いる東海大静岡翔洋、12年ぶり甲子園をかけた夏!2016年07月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

■アマチュア資格を回復した 元プロの新監督が増加

原 俊介氏の出身・東海大相模高校

 昨今、新監督の一つのトレンドになっているのが、元プロ野球選手の高校野球監督就任だ。13年に規則が改正されプロ経験者のアマチュア資格回復が容易になったことにより、現在は高校野球界でもプロ野球を経験している監督が増えてきている。

 東海大静岡翔洋の監督には、95年のセンバツ大会東海大相模(神奈川)の4番として出場し、ドラフト1位で巨人に入団した経歴を持つ原 俊介氏が抜擢された。原監督は高校での指導経験はないものの、子供向けの野球教室で教えており、同校では教員として勤めながらチームを率いることになる。現在、静岡大会3回戦を突破し、23日に4回戦・磐田南戦に挑む。目指すは同校12年ぶりの夏の甲子園。ドラ1監督の采配に熱い注目が集まる。

 他にも、帝京第五(愛媛)には85年のセンバツ準優勝投手で、元ロッテの小林 昭則氏が新監督として就任。プロ引退後はスコアラー兼打撃投手を経て、母校の帝京(東京)に復帰。名将・前田 三夫監督のもとで助監督を務めていた。また、05年春以来、甲子園から遠ざかっている柳ヶ浦(大分)は、かつて定岡三兄弟の長男として名を馳せた定岡 智秋氏を招へい。南海(現ソフトバンク)で14年間プレーした定岡監督は福岡ダイエーのコーチ、フロントも経験。08年からは四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスの監督となり、チームを独立リーグ日本一に導いている。

 プロ出身の高校野球の監督といえば、やまびこ打線の池田(徳島)で全国優勝3回を成し遂げた蔦 文也氏(関連記事)が一時代を築いており、昨夏も元広島の榊原 聡一郎監督が宮崎日大に就任して1年で甲子園出場を果たした。引退後も高校野球の指導者として野球に携わりたいという希望を持っているプロ選手は多く、先達も結果を残していることから、この流れは今後も加速していきそうだ。

(文・大平 明)

注目記事
波乱なんかではない!2016年夏のジンクス! 「6」がつく年に勝つのは公立校だ!!
通信制高校が高校野球界を変えていく!甲子園初出場を決めた創部3年目・クラークに続く高校は?
さようなら、我が母校。あの全国優勝校も、今夏がラストサマー?!来年から統廃合となる高校は?
初めての夏を追った!新天地で指揮を執る話題の監督たち!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第734回 「今を生きる」皆様に感謝と元気を持って 愛媛の夏が開幕!!【大会展望・総括コラム】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第91回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第708回 センバツ出場の静岡がリードし、東海大静岡翔洋と常葉大勢が追う【大会展望・総括コラム】
東海大静岡翔洋vs誉【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
いなべ総合vs東海大静岡翔洋【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
第660回 3年ぶり秋春東海連覇を狙う静岡。追う東海のツワモノたち【大会展望・総括コラム】
第590回 田中 瑛斗(柳ヶ浦)「全国未経験投手を変えた『出会い』と『走り込み』」 【2017年インタビュー】
済美vs帝京第五【愛媛県 2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会】
帝京第五vs今治東【愛媛県 2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会】
帝京第五vs西条【愛媛県 2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会】
第366回 横浜DeNAベイスターズ 山口 俊投手「僕の用具のこだわり~最高の道具で最高のシーズンに」 【2016年インタビュー】
第304回 横浜DeNAベイスターズ・下園 辰哉 外野手「来るチャンスを逃さないためには」 【2015年インタビュー】
第123回 宮崎日本大学高等学校 甲斐 翼 投手 【2013年インタビュー】
池田 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
東海大静岡翔洋 【高校別データ】
宮崎日大 【高校別データ】
柳ヶ浦 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム