第15回 タイブレーク導入の是非と智弁和歌山・高嶋仁監督への想いを語る2018年02月07日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

皆さん、こんにちは!元・伊村製作所、吉村卓也です!

急なのですが、我々お笑いコンビ伊村製作所、昨年末に解散する事になりまして。
これからは、「タレント」「俳優」吉村卓也としてやっていきます!!
コラムはこれからも続けて行きますので、皆様是非ともお付き合いよろしくお願いします!!

さて、いきなり解散話や宣伝で申し訳ないです!!
ここは高校野球好きが集まる場所!!
そんな皆様に、胸が熱くなるニュースが届きましたね!!!

第90回記念 選抜高校野球大会 出場の36校が決まりました!!
出場校はこちら!!

大阪桐蔭や、日大三高、智辯学園明徳義塾と常連校が目立つ中、
今大会、なんと初出場が10校!!
新しい顔ぶれが目立ちますが、この初出場組がどんな旋風を今大会で巻き起こしてくれるのか、今から楽しみですね!

高嶋仁監督が胴上げを拒否する理由


高嶋仁監督(智辯和歌山)

そして新しいというと、
今センバツ大会から導入される新ルール、タイブレークが導入される事となりました。
そのタイブレークですが、詳細が決まりました!!
延長十二回までに決着がつかない場合、十三回から無死一、二塁の状態で打順は前の回から継続して始める「継続打順制」となりました。
試合は決着するまで行うが、1人の投手が登板できるイニング数15回を限度とする。
という事です。
ちなみに決勝ではタイブレーク方式は行わないとのことです。

いや〜、この制度をとったのは本当に良いことだと思います。
高校野球は「負けたら終わり」という事もあり、やはり秀でたエースに頼る機会がとても多く、さらに大会は短期決戦なので、どうしても未来あるスター選手の体が酷使されてしまうんですよね。
そして高校生の体はまだ発達途中です。どんなに鍛え上げた体でも、無理をしすぎると壊れてしまうもの。
そんな若者の未来を奪わないために導入されたのがタイブレークです。

賛否はあると思いますが、僕は大賛成!!
野球だけに限ったことでなく、やっぱりスポーツは楽しくやるのが一番ですから!!
そしてタイブレークにより、甲子園で新たな名場面が生まれるかもしれません!

そしてもう一つ。このセンバツで嬉しいニュースが。

智辯和歌山・高嶋仁監督(71)
なんと37度目の甲子園で単独トップになりました!!
監督として、甲子園春夏通算37回…。素晴らしい名将ですね。

そして監督の単独トップを祝い、選手たちに胴上げをうけた監督ですが、
実は高嶋監督、甲子園では優勝したとしても胴上げはしないらしいんです。理由は、全力で戦ってきた相手校もいらっしゃるからと言う事。
野球選手としてはもちろん、高嶋監督の下では、人間性も育ててもらえそうですね。

そんな高嶋監督率いる智辯和歌山は、
昨夏の甲子園を経験した選手が8人も残っています!!これは他のチームにとっては強敵ですね…。

そんな第90回のセンバツは、3月23日(金)から13日間!!皆さんお見のがしなく!!

そして今年2018年は、平成最後のドラフト会議があります!
センバツでは、どんな注目選手が出てくるのか!平成最後の怪物は生まれるのか!

ということで、来月は「平成最後の怪物はこいつだ!!」注目選手特集をします!!お楽しみに!!

今回も最後までお付き合いありがとうございました!!

吉村 卓也。

プロフィール

吉村 卓也
吉村 卓也(よしむら・たくや)
  • 出身地:広島県
  • 身長体重:166センチ52キロ
  • 生年月日:1990年2月4日
  • 特技:野球、バスケットボール、目を真ん中によせること
  • 趣味:読書、ギター、映画
  • 上記データは掲載時のものとなります。
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三vs都立豊多摩【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
大阪桐蔭vs四條畷【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
第731回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
第12回 大阪桐蔭、春夏連覇へ始動。夏を戦う20人の戦士たち【100回記念大会特集】
智辯和歌山vs高野山【和歌山県 2018年夏の大会 第100回選手権和歌山大会】
第735回 【高知展望】明徳義塾「V9ロード」を止めるのは誰か【大会展望・総括コラム】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第726回 黒川史陽(智辯和歌山)「驚異の勝負強さで選抜準優勝に貢献!目指すは西川遥輝」 【2018年インタビュー】
日大三vs都立杉並【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第729回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第719回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第718回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム