第136回 3年生座談会 都立高島高等学校(東京)・後編「16年ぶりのベスト16の夏!チームへ変貌を追う」2016年10月30日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]都立高島は代々守備のチーム!
[2]どんな相手にも自分たちの野球を
[3]2仲間とともに過ごした高校野球を振り返って

 初の甲子園出場を狙う都立高島の夏がついに幕を開けた。泣いても笑ってもこの夏が最後というところで都立高島野球部の打線が猛威を奮う。後編では夏の大会で見せたバッティングについて、そして2年半の高校野球について3年生部員たちに振り返ってもらった。

都立高島は代々守備のチーム!

柴田 葵(都立高島高等学校)

――夏は5回戦までの勝ち上がりを見せましたが、その戦いぶりを振り返ってどうですか?

清水:目指している場所は甲子園だったので、負けたのは非常に悔しかったです。負けた都立江戸川戦(試合レポート)ではエース・山田選手の気迫に圧倒されました。こっちもヒットを打ってチャンスは作っていたのですが、山田選手のピンチでの気迫が凄かったです。あとはバントミスが敗因につながったので、そういった細かいミスで負けたというのは悔しいですね。

――4回戦まで江戸川区球場でしたが、都立江戸川戦で神宮第二球場になりました。ここへの対策というものは何かしましたか?

清水:朝、室内練習場で1時間ほど練習を行ったくらいでした。当然のことですけど江戸川区球場明治神宮第二球場は全然違う感覚でした。

大竹:室内練習場と明治神宮第二球場の芝も違うので、実際のところはアップで初めて触れた感じでした。

――夏は強打の印象が残った都立高島でした。

大竹:1回戦から打撃が抜群に良くてびっくりするくらいだったんですけど、冬の成果がここで出たなという感覚はありました。ただ、代々自分たちは守備のチームでやってきたので、秋とかは守備からリズムを作っていくという野球をやっていたのですが...。夏にこれだけ打てたのには自分たちもびっくりしました!

 3年生たち自身も予想外だったという強打のであったが、冬の2000本スイングの努力が実った証拠と言えよう。次は激しいシーソーゲームを繰り広げた戦(試合レポート)についても伺った。

【次のページ】 どんな相手にも自分たちの野球を

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
佼成学園vs都立高島【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
都立高島vs郁文館【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
履正社vs初芝立命館【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
都立高島vs啓明学園【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立高島vs都立武蔵野北【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第554回 エースが生まれ変わり、二松学舎大附が甲子園に!【東東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
第500回 【東東京展望】混戦が予想される東東京大会!序盤から目が離せない好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
第135回 3年生座談会 都立高島高等学校(東京)・前編「秋、春の敗戦が強打を生み出す」【僕らの熱い夏2016】
第431回 【秋季東京都大会展望】 強豪校同士が序盤で激突!早稲田実業の初戦は日本学園!【大会展望・総括コラム】
第413回 いよいよ秋到来!国士舘vs國學院久我山など東京都一次予選から見逃せない好カードは?【大会展望・総括コラム】
佐藤 海波(都立高島) 【選手名鑑】
都立江戸川 【高校別データ】
芝 【高校別データ】
芝浦工大高 【高校別データ】
青稜 【高校別データ】
都立高島 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム