第14回 徳島インディゴソックス・鈴木 康友コーチに10の質問 スペシャリストが語り尽くす「指導戦略論」【Vol.3】2017年10月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]攻撃で仕掛けるタイミングは「追い込まれてから」
[2]劣勢時には選手に「具体的シナリオ」を伝える
[3]緊張している場合には「目を見て話す」

劣勢時には選手に「具体的シナリオ」を伝える

Q7.「負けたら終わり」の状況で劣勢を跳ね返す方法とは?

鈴木 康友ヘッドコーチ

――プロ野球でもクライマックスシリーズや日本シリーズなど「負けたら終わり」の状況があると思いますが、高校野球は基本的にトーナメント。鈴木 康友コーチは「負けたら終わり」の状況に立った時、劣勢を跳ね返すため、どんな戦略を練り、実行に移しますか?

鈴木:まずは攻撃面で劣勢でも相手を助けないこと。相手もプレッシャーがかかっているのですから、ボール球を振らないとか。前に飛ばせ何かが起きます。

 長嶋 茂雄さんの話を例にとりましょう。長嶋さんはすごいんです。守備ピンチの場面でも「ボールがこうきたら、こうやって捕ってアウトにしてファンにアピールしよう」とか考えていましたから(笑)

 でも、それは正しい考え方なんですよ。我々凡人は「俺のとこにくるなよ。できれば三振を取ってくれ」と考えてしまいます。だからゴロが来ても一歩目が遅く差し込まれる。長嶋さんは、先ほど言ったイメージができているから打球が来る前に動いている。なかなかピンチでそういう心境になることは難しいですけどね。

 それを攻撃側に返してみると、四球とかでも流れは変わる。一番いけないのは1球目、2球目をポーンと打ち上げること。だからと言って甘い球を見逃すわけにもいきませんが。

――では、そうならないように鈴木コーチならどんな声をかけますか?

鈴木:「二人出れば誰まで回るから」とか「先頭打者が出たらどうする」などという具体的なシナリオを伝えます。先々を考えておく。でもその正解を出せたら凄いです。出せたら野球やらずに占いで飯食ってます(笑)

――当たる当たらないはともかく(笑)、考えられるシチュエーションをわかりやすく選手に伝えていくわけですね。

鈴木:「神様がここで打たせてくれるよ」とかも交えながら「当てるのうまいんだから反対方向」「この球くるから狙え」とか。具体的に良い方のイメージを植え付けてあげるのが大事ですね。

――「いいイメージを植え付ける」は守備の際にも重要な要素ですよね?

鈴木:高校球児ならば「よくマウンドに集まっておまじないをやる」とか、監督ならば選手を落ち着かせて話す言葉とか、高校によって3年間やってきたことがあると思います。いずれにしてもメンタル。そこをみんなで上手にコントロールしてあげることです。

【次のページ】 相手の練習内容、監督のポジションを知ろう!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第137回 西武から3位指名!伊藤翔(徳島インディゴソックス・投手)仮契約 「徳島インディゴソックスの1年」を強みに「徳島県民が自慢できる」存在に!【ドラフト特集】
第589回 伊藤 翔投手(徳島インディゴソックス)「NPB入り、その先の『ヒーロー』へ駆け上げる」 【2017年インタビュー】
第15回 徳島インディゴソックス・鈴木 康友コーチに10の質問 スペシャリストが語り尽くす「指導戦略論」【Vol.4】【名将たちの言葉】
第14回 徳島インディゴソックス・鈴木 康友コーチに10の質問 スペシャリストが語り尽くす「指導戦略論」【Vol.2】【名将たちの言葉】
第46回 確認を大事にして、選手の動きを変えよう!【遠藤友彦の人間力!】
第13回 徳島インディゴソックス・鈴木 康友コーチに10の質問 スペシャリストが語り尽くす「指導戦略論」【Vol.1】【名将たちの言葉】
第344回 徳島インディゴソックス 吉田 嵩投手「『探究』を継続し、NPBへの道開く」 【2015年インタビュー】
第252回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.3 【2015年インタビュー】
第251回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.2 【2015年インタビュー】
第250回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.1 【2015年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム