第8回 鈴木 大地選手(千葉ロッテマリーンズ)が理想とするグラブの条件2016年06月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   


鈴木 大地選手(千葉ロッテマリーンズ)

デジタルブックで読む

 僕は軟らかい革のグラブが好きなのですが、軟らかいグラブって普通は使っていくうちにどんどんへたっていって、打球に負けやすいグラブになってしまう。でもミズノのグラブは使い込んで軟らかくなっても形が崩れにくいんです。
また、親指と小指の付け根の部分、そして人差し指の芯の部分の3 か所には、ある程度の硬さが欲しいですね。ここに硬さがあると、長期間使い込んでもグラブの型が崩れにくくなる。ミズノのグラブはこのポイントをしっかりと押さえています。

■鈴木 大地選手 プロフィール

経歴:桐蔭学園-東洋大-千葉ロッテマリーンズ
ポジション:内野手
タイプ:右投左打
身長体重:175センチ79キロ
生年月日:1989年8月18日

【昨年度の成績】

試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
鈴木 大地選手 142 487 128 6 50 1 .263

【関連記事】
千葉ロッテマリーンズ 鈴木 大地選手

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第706回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第704回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
第678回 甲斐野 央(東洋大)最速154km/hを誇る右腕のこだわり 【2018年インタビュー】
第60回 横浜と東海大相模の2強を桐光学園と慶應義塾が追い平塚学園、横浜隼人等も追随【神奈川・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第670回 中川 圭太(東洋大)日本代表選手が語る打撃の極意 【2018年インタビュー】
第3回 南神奈川、北神奈川はどちらも熾烈!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
日本体育大vs東洋大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
東洋大vs富士大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
桐蔭学園vs湘南学院【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
第491回 神奈川大会をさらに楽しむには?各ブロックの見所、盛り上がりどころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第535回 東京ガス 山内佑規捕手「勝てる捕手が一番いい捕手」【後編】 【2017年インタビュー】
横浜vs桐蔭学園【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
桐蔭学園vs城山【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
桐蔭学園 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム