第93回 佐賀商と佐賀北が果たした全国制覇が輝き佐賀県の歴史も立ち位置も変えた2018年07月02日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]佐賀商の「葉隠れ野球」が功を奏す
[2]平成最大の番狂わせ・佐賀北の優勝
[3]続く勢力・龍谷、唐津商、早稲田佐賀

佐賀商の「葉隠れ野球」が功を奏す



1994年佐賀県勢として悲願の優勝旗を手繰り寄せた佐賀商

 春夏を合わせて甲子園での優勝校で平成になってから(1989年以降)最大の番狂わせと言われているのは、いずれも佐賀代表の2校のものだとも言われている。一つは1994(平成6)年の佐賀商。そして、もう一つは2007(平成19)年の佐賀北である。

 佐賀商は1回戦で浜松工を6対2と下すと、関西那覇商北海と倒してベスト4進出。これだけでも佐賀県としては60年の鹿島以来のことだったが、準決勝では延長の末、長野の佐久(現佐久長聖)を下して決勝に進んだ。

 

 九州対決となった決勝は樟南(鹿児島)との対戦で、予想では圧倒的に不利だった。にもかかわらず3点をリードされてから逆転で倒した。4対4の同点で迎えた9回に、二死満塁で西原正勝(駒沢大→佐賀リコー)の神懸かり的な満塁本塁打が飛び出したのだ。こうして、ついに佐賀県勢としては悲願ともいえる深紅の優勝旗を手繰り寄せた。2年生エースの峯謙介(JR九州)も淡々と6試合を投げ切った。

 この年はベスト8で5校、ベスト4で3校が九州勢という九州イヤーでもあった。ちなみに、この年のベスト4の顔ぶれは佐賀、鹿児島、大分、長野というもので通算勝率が20位以内に入る県が一つもなかった。そんな年だから、佐賀商の「葉隠れ野球」が功を奏したのだろうともいわれた。

 

 佐賀商は歴史的にも、もう一つ甲子園では忘れられない大きなエピソードがある。82年の夏、新谷博投手(駒沢大→日本生命→西武→日本ハム)が木造(青森)相手に夏の甲子園初の完全試合まであと一人となりながら死球を与える。それでもノーヒットノーランを達成はしたという記録がある。

 

【次のページ】 平成最大の番狂わせ・佐賀北の優勝

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
東山vs龍谷大平安【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第653回 今年も九州大会は人材豊富だった!夏へ向けて楽しみな逸材を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
龍谷大平安vs南陽【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第644回 21日開幕!注目カード多数の九州大会!【大会展望・総括コラム】
第58回 龍谷高等学校(佐賀)【冬が僕らを強くする2018】
第49回 八戸学院光星と青森山田が競いながら全体のレベル向上【青森・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
札幌日大vs旭川龍谷【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
京都翔英vs龍谷大平安【京都府 2017年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
聖心ウルスラvs早稲田佐賀【第99回全国高等学校野球選手権大会】
有田工 【高校別データ】
伊万里商 【高校別データ】
伊万里農林 【高校別データ】
小城 【高校別データ】
金沢龍谷 【高校別データ】
唐津商 【高校別データ】
神埼 【高校別データ】
佐賀北 【高校別データ】
佐賀工 【高校別データ】
佐賀商 【高校別データ】
佐賀西 【高校別データ】
佐賀東 【高校別データ】
佐賀学園 【高校別データ】
鳥栖 【高校別データ】
鳥栖工 【高校別データ】
鳥栖商 【高校別データ】
東明館 【高校別データ】
龍谷 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
早稲田佐賀 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム