第86回 創成館の台頭で新時代到来となり、長崎日大、波佐見、佐世保実が追う2018年07月03日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]長崎南山と海星が長崎の高校野球を変える
[2]長崎の海星と三重の海星
[3]長崎県悲願の全国制覇を果たした清峰

長崎南山と海星が長崎の高校野球を変える



長崎の野球を変えた海星

 日本の歴史をたどれば、鎖国政策をしていた江戸時代で唯一海外の新しい文化を取り入れることを許されていたのが長崎だった。そういう意味では、進取の気性に富むというか、新しいものを取り入れることには抵抗のない地域であるというとらえ方もできるだろう。だから、海外スポーツである野球もいち早く普及していたかと言うと、そうでもない。もっとも、文化の受け入れ口がオランダなのだから、野球とはあまり関係ないということだろうか。

 長崎の高校野球はどちらかというと立ち遅れていた。戦前、ほとんど実績はなく、わずかに長崎中(現長崎西)と長崎商がそれぞれ甲子園出場を果たしてはいるものの、これといった成績を残しているわけでもない。
  戦後になっても同じような状況は続き、甲子園の結果だけでいえば、わずかに1952(昭和27)年に長崎商が春、夏それぞれ勝利をおさめてベスト4に残ったこともあるが、それ以外は苦戦続きだ。そして、そこまでは公立校がすべてだった。
 そんな長崎の高校野球構図が変わってきたのは、県勢としては初めての私立として甲子園に出た長崎南山が59年春に杉町攻投手(西鉄)で突発的にベスト4に進出してからである。

 その年の夏から海星が主導権を握り始めるようになる。野球部の創部そのものは1915(大正4)年と歴史は古いものの、長い間苦戦の続いた海星だったが、まるで長崎南山に刺激されたかのように強化されていった。それにしても、公立勢の壁を破った私立校の2校が2つともカトリック系というあたりはいかにも長崎県らしいといえるのではないだろうか。

【次のページ】 長崎の海星と三重の海星

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
愛工大名電vs星城【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権西愛知大会】
第735回 【高知展望】明徳義塾「V9ロード」を止めるのは誰か【大会展望・総括コラム】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第734回 「今を生きる」皆様に感謝と元気を持って 愛媛の夏が開幕!!【大会展望・総括コラム】
第166回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.10「吉田輝星、矢澤 宏太」【ドラフト特集】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
横浜vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
横浜vs土浦日大【2018年 練習試合(交流試合)・春】
関東一vs花巻東【2018年 練習試合(交流試合)・春】
花巻東vs関東一【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第686回 東妻 勇輔(日体大)最速153キロ右腕が語る「体重移動」の重要性 【2018年インタビュー】
第617回 峯 圭汰(創成館)「ノーステップ打法で、好投手を撃破!神宮枠を絶対に持ち帰りたい」 【2017年インタビュー】
第611回 川原陸(創成館)「長崎の大型左腕、待望の全国デビュー」 【2017年インタビュー】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
安樂智大(済美)
今村 猛(清峰) 【選手名鑑】
菊池 雄星(花巻東) 【選手名鑑】
愛工大名電 【高校別データ】
諫早 【高校別データ】
諫早農 【高校別データ】
海星 【高校別データ】
海星 【高校別データ】
瓊浦 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
佐世保工 【高校別データ】
清峰 【高校別データ】
西陵 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
長崎商 【高校別データ】
長崎総科大附 【高校別データ】
長崎南山 【高校別データ】
長崎西 【高校別データ】
長崎日大 【高校別データ】
長崎北陽台 【高校別データ】
波佐見 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム