第83回 徳島商から池田の一人勝ち、そして渦潮打線復活の鳴門の台頭で新勢力図か2018年06月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]1980年代前半に甲子園を席巻した池田
[2]池田の台頭する前は、徳島商が徳島の高校野球を牽引

1980年代前半に甲子園を席巻した池田



「IKEDA」のユニホームはオールドファンの間ではお馴染みだ

 全国を見渡してみて唯一私立校の甲子園出場がないのが徳島県だ。スポーツ推薦制度や特待生などの枠によって、全国各地に野球部を強化していく私学が誕生して結果を残している中で、この現象は稀有と言ってもいいことである。もっとも、徳島県内で野球部を強化している私学としては生光学園1校のみなので、生光学園が甲子園へ行くか否かになっているということになる。

 徳島県の勢力構図としては、歴史的には徳島商の時代があって、池田が全国制覇を何度も果たす時代を形成し、やがてやや戦国状況となって、再び徳島商時代。そして、現在は鳴門が県内をリードする形になっている。いずれも県立校で、それぞれの特徴があるチームである。

 特筆すべきこととしては、1980年代前半に畠山準(南海→横浜)や水野 雄仁(読売)らで甲子園を席巻した池田の野球である。1974(昭和49)年から高校野球で金属バットが認可されるようになったが、それが、ほとんどの学校で普及して高校野球といえば金属バットというようになったのは80年代に入ってからである。
 池田はその特徴を最大限に生かしたバッティングをしていた。具体的には、叩きつけるようなスイングでボールを捉えるのだが、より遠くへ飛ばすためには、筋力をつけるということで筋力トレーニングを欠かさなかった。また、高音質の金属で反発の強い薄手のものを使用していただとか、より反発を増すためにバットを氷で冷やしていたなどということもまことしやかにささやかれていた。それくらいに脅威だったのである。現実にも、高校野球に筋トレを定着させたのは間違いなく池田の強力打線という存在があったからだといっていいだろう。

 その一方で、守備練習は徹底したノックで鍛え、ハードな練習を積み重ねた。かつて、池田は山の中の素朴な公立校ということもあって、71年に初出場を果たした時も、また、74年に春に準優勝を果たした時も、さわやかさが強調された。ことに、74年は部員が11人ということもあって「さわやかイレブン」と称えられた。もっとも、野球部の育ての親であり、人生の大半をそれに賭けた蔦文也監督は、こう言っていた。
 「さわやかでもなんでもあれへんのじゃ。ワシのしごきがきついけん、みな逃げ出して詩もうて、残ったんが11人じゃっただけのこっちゃ」
 ことのほかさわやかさを強調するマスコミを牽制していた。

 事実、池田の練習は厳しさでも定評があった。それは、自宅を改築してグラウンドの横に寮を造り夜遅くまで練習漬けにできるという環境も作り上げた。また、たとえ練習試合であっても負けることが許されないプレッシャーもあったという。遠征して試合に負けたら、山の中の学校まで走って帰らせるというペナルティーを課すというように、今だったら問題になりそうな鍛え方をしていた。しかし、選手たちも平気でそれに応えていたのだから、やはり恐るべき忍耐力とパワーである。
 ところで、いかに徳島商が県内で強烈な存在であったのかということは、池田の蔦監督が、「徳商倒さなんだら、甲子園へは行けんのじゃけん」と「打倒徳商」を意識として徹底して叩き込んだことでもわかる。それくらいに徳島商の壁は厚くて強力だったのだ。その徳島商を打ち破った池田はそのまま全国でも勝って優勝することができたのである。
 実はその蔦監督自身も徳島商出身(その後同志社大→全徳島→東急を経て池田へ赴任)なのである。

【次のページ】 池田の台頭する前は、徳島商が徳島の高校野球を牽引

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第7回 「日本一の学生コーチ」母校に還る【四国発】
第668回 出そろった100回大会・春の高知&徳島大会を総括!【大会展望・総括コラム】
聖カタリナ学園vs鳴門【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第652回 「100回大会四国勢逆襲の夜明け」 春の土佐路対決は見どころ一杯!【大会展望・総括コラム】
鳴門vs小松島【徳島県 2018年春の大会 第71回徳島県高等学校野球春季大会】
鹿児島工vs池田【鹿児島県 第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
池田vs隼人工【鹿児島県 第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
沖縄工vs豊見城南【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
第626回 各地で組み合わせが決定!「2018四国高校球春」間近に迫る!【大会展望・総括コラム】
第68回 池田高等学校(徳島)【冬が僕らを強くする2018】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
水野 雄仁(池田) 【選手名鑑】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田北・能勢 【高校別データ】
川島 【高校別データ】
小松島西 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
生光学園 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
鳴門工 【高校別データ】
鳴門商 【高校別データ】
鳴門第一 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム