第56回 双頭となった健大高崎と前橋育英の争い、桐生一と樹徳などが追う【群馬・2018年度版】2018年03月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]桐生から始まった群馬の躍進
[2]前橋育英、健大高崎の全国的な活躍により強豪県に

桐生から始まった群馬の躍進



前橋工業ナイン

 いくつかの歴史が節目となっている群馬県の高校野球勢力図。かつては県立校の桐生が圧倒的な勢力を誇った。1950~60年代のことである。その桐生には伝説化された稲川東一郎監督がいた。「ユニホームを着たまま死にたい」ということをいつも口にして、その思いを遂げてグラウンドで他界した。そして、その遺志を継いで桐生高校野球部は名門であり続けた。

 その後、70年代以降は甲子園での実績ということでいえば、前橋工が3年連続で甲子園のベスト8に残るなど安定した実績を残した。かつて、ベスト4にも3度進出している。甲子園での実績という点では、桐生以上といってもいいかもしれない。やはり、伝統校だけあって、地元では安定した人気を誇っている。渡辺久信(西武→ヤクルト、西武監督、現SD)をはじめとして、プロへも逸材を多く輩出している。工業高校ということで、硬派という印象も強い。

 これに対して、商業高校の雄といえるのは高校野球では前橋商高崎商の両校だ。とりわけ高崎商は地域的にも、工業の街・前橋、繊維産業の桐生に対して、商業の街・高崎というイメージがある。商業高校だけに女子生徒も多いが、部活動は盛んだ。女子バレーボール部など女子の運動部も実績を誇っている。

 90年以降になって私学勢力が台頭。桐ケ丘学園の女子校から校名変更した桐生第一が一気に強化された。そして全国の頂点に立ったのは20世紀も末の1999(平成11)年夏だった。正田 樹投手(日本ハムなど)を擁して、県勢悲願の全国優勝を果たした。野球部強化を託されて招聘された福田治男監督の就任14年目のことだった。

 桐生第一の全盛時代に「追いつけ、追い越せ」とばかりに台頭を示してきたのが、前橋育英と高崎健康福祉大高崎(通称・健大高崎)だった。前橋育英は、春季県大会や秋季県大会を勝ちあがり、関東大会の常連になっていた。しかし、なかなか甲子園には届かず、初出場は2011(平成23)年春まで待つことになった。勇んで挑んだ初の甲子園だったが、初戦でこの大会準優勝することになる九州国際大付に1イニング3発の本塁打を浴びるなどで完敗。全国の壁の厚さを実感させられた。

【次のページ】 前橋育英、健大高崎の全国的な活躍により強豪県に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第153回 今年もジャイアンツカップ優勝経験者に注目。山下・太田・大石のドラフト候補トリオが見逃せない【ドラフト特集】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第700回 関東大会でデビューを果たしたスーパー1年生たち!【大会展望・総括コラム】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs浦和学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs東海大甲府【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
前橋育英vs藤岡中央【群馬県 2018年春の大会 群馬県春季大会】
第570回 丸山和郁(前橋育英)「日本の韋駄天、勝負の一手を決める」 【2017年インタビュー】
第541回 根岸 崇裕(前橋育英)「背番号1の期待に少しは応えられたかな」 【2017年インタビュー】
第539回 小野大夏(健大高崎)「先発でも力で押せる投手になりたい」 【2017年インタビュー】
第470回 埼玉西武ライオンズ 髙橋 光成投手「『目の前に』集中すれば、どんなことも乗り切れる」 【2016年インタビュー】
第208回 【侍ジャパン18U代表】高崎健康福祉大学高崎高等学校 脇本 直人選手 【2014年インタビュー】
桐生 【高校別データ】
桐生市立商 【高校別データ】
桐生第一 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
前橋 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
前橋工 【高校別データ】
前橋商 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム