第50回 花巻東と盛岡大附が引っ張り、一関学院、専大北上らが追いかける【岩手・2018年度版】2018年02月11日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]花巻東、盛岡大附の2強が岩手高校野球を引っ張る
[2]2強を追うのは一関学院、専大北上が中心

花巻東、盛岡大附の2強が岩手高校野球を引っ張る



2018年のシーズンからメジャーリーグに挑戦する、花巻東出身の大谷翔平
.

 プロ野球日本ハムで“二刀流”として大活躍して、2018年のシーズンからメジャーリーグへ進んだ大谷 翔平。その大谷を輩出したのが花巻東だ。近年の東北地区で近年最も著しく勢力構図が変化したのは岩手県ともいえる。その岩手県を引っ張る存在が花巻東である。
 花巻東の母体は花巻商業専門学院で、花巻商時代や谷村学院との併合などを経て、82年に花巻東となった。花巻商時代の64年夏に一度出場していたが、90年に二度目の出場。そして、01年に佐々木洋監督が就任し05年夏、07年夏と立て続けに出場するも初戦敗退が続いていた。ところが、09年に菊池 雄星投手(西武)を擁して春は準優勝、夏もベスト4に進出。これで一躍全国区となった。これを見て入学してきたのが大谷 翔平だったのだ。
 そして09年以降は10年間で春2回、夏は4回の出場を果たしている。大谷自身は12年春にエースで出場して初戦で大阪桐蔭と対戦。藤浪 晋太郎投手から本塁打は放ったものの敗退している。そして夏は、岩手大会で盛岡大附に屈して出場を逃している。

 花巻東とともに現在の岩手高校野球を引っ張る存在の盛岡大附は、08年以降で春3回、夏5回の出場となっている。甲子園の出場実績という点では、むしろ花巻東を凌いでいる。関東地区や関西地区などの県外生も多いが、08年8月から就任した関口清治監督の「気づいて、感じて、動く」という姿勢を徹底させた指導が功を奏しているとも言えよう。

【次のページ】 2強を追うのは一関学院、専大北上が中心

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
関東一vs花巻東【2018年 練習試合(交流試合)・春】
花巻東vs関東一【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第481回 東福岡(福岡)真に自立し、11年ぶり甲子園へ!【野球部訪問】
第636回 【準々決勝見所】ベスト4進出をかけて激突!4試合のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
第636回 【9日目見所】今日でベスト8が出揃う!大阪桐蔭vs明秀日立の一戦に注目!【大会展望・総括コラム】
花巻東vs彦根東【第90回記念選抜高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs花巻東【第90回記念選抜高等学校野球大会】
花巻東vs東邦【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第472回 盛岡大附(岩手)強打のモリフメソッドを特別伝授 自分が打つストーリーを創り出せ!【野球部訪問】
第629回 第90回記念選抜を制するのは?4ブロック別で見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
第588回 比嘉 賢伸(盛岡大附)「心が変われば、誰でも進化出来る」 【2017年インタビュー】
第587回 植田 拓(盛岡大附)「モリフメソッド+右手の押し込みで高校通算60本塁打超!」 【2017年インタビュー】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
一関学院 【高校別データ】
一関一 【高校別データ】
黒沢尻工 【高校別データ】
光陵 【高校別データ】
新宮 【高校別データ】
自由ケ丘 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
専大北上 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】
田川 【高校別データ】
常磐 【高校別データ】
柏陵 【高校別データ】
花巻北 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡工 【高校別データ】
福岡工大城東 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡第一 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
盛岡工 【高校別データ】
盛岡商 【高校別データ】
盛岡一 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
盛岡三 【高校別データ】
八幡 【高校別データ】
八幡工 【高校別データ】
若松 【高校別データ】
若松商 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム