第49回 八戸学院光星と青森山田が競いながら全体のレベル向上【青森・2018年度版】2018年02月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]八戸学院光星と青森山田の対決構図
[2]2強以外では八戸工大一、弘前聖愛、三沢商が近年、甲子園出場

八戸学院光星と青森山田の対決構図



青森山田と八戸学院光星の2強が君臨している

 近年の青森県勢の躍進は著しい。高校野球の地域勢力構図を変えたともいえるくらいだが、極論すれば青森県の躍進というよりも、光星学院時代の2011(平成23)年夏から3季連続して準優勝を果たした現八戸学院光星の1校が抜け出たということになる。もっとも、その引き金というか起爆剤になったのが、ライバルともいえる青森山田の存在だった。
県内の勢力争いとしては、この両校の対決構図は、90年代後半から現在に至るまで続いている。

 そして象徴的だったのが2016年春だ。センバツでは青森山田八戸学院光星が県内初の2校選出となった。まさに、今の青森県の勢力構図を象徴するかのような形になったのだが、今後もこの両校が他の青森県勢の的となりながらも、今後も2強として進んでいくことになるであろう。
 両校に共通していえる特徴的なことは、関西をはじめとして、青森県以外の選手が比較的多いということである。したがって、試合前には東北弁というよりは、関西弁が耳に入ってくることも多い。地元ではもう一つ地場の匂いがしないということはあるのかもしれない。
しかし、確実に彼らによって県内のレベルそのものは引き上げられている。確かに関西で少年野球をやってきた選手は、野球の技術も高いレベルで取得しているが、それだけではなくマナーなどを含めて鍛えられている。県内の選手たちが、それに引っ張られるようになり、さらに意識も技術も向上していっていると言えよう。

 光星学院(当時)の台頭は03年の夏が象徴的だった。ダルビッシュ有を擁する東北と準々決勝以上では初めての東北勢対決となった。青森勢にとっては赤いツバの帽子で胸に大きく「KOSEI」の文字のユニホームは頼もしい存在となっていた。00年夏にベスト4、01年夏もベスト8と光星学院は、すっかり甲子園の上位の常連になっていた。かつて多くの人が抱いていた青森代表とはまったく違ったイメージを与える存在になっていたのだ。
 この躍進がベースとなって、11年からの快挙につながっていく。
一方、青森山田も93年夏に初出場して以降コンスタントに出場を重ね、04年夏以降6年連続出場を果たすなど県内で君臨した。
こうして、光星学院と競い合いながらお互いが力をつけていったのである。

【次のページ】 2強以外では八戸工大一、弘前聖愛、三沢商が近年、甲子園出場

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第666回 出そろった100回大会・香川&愛媛の春を総括!【大会展望・総括コラム】
第6回 愛媛高校球児・キッズたちにティーボール・野球指導!【現地記者の高校野球取材ノート】
第26回 五所川原工高等学校(青森)【冬が僕らを強くする2018】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
済美vs松山商【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
松山商vs松山工【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
東海大菅生vs青森山田【第99回全国高等学校野球選手権大会】
東海大菅生vs青森山田【第99回全国高等学校野球選手権大会】
青森山田vs彦根東【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第471回 青森山田高等学校 三森 大貴選手「的確な観察眼を武器に将来は相手から嫌がられるショートに!」 【2016年インタビュー】
第192回 日本大学 京田 陽太選手(青森山田高出身) 【2014年インタビュー】
第152回 読売巨人軍 坂本勇人 選手 【2013年インタビュー】
第45回 福岡ソフトバンクホークス 下沖 勇樹選手 【2010年インタビュー】
青森北 【高校別データ】
青森山田 【高校別データ】
木造 【高校別データ】
光星学院 【高校別データ】
五所川原農林 【高校別データ】
佐賀商 【高校別データ】
東奥義塾 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】
八戸工大一 【高校別データ】
弘前学院聖愛 【高校別データ】
弘前工 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
三沢 【高校別データ】
三沢商 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム