第45回 「打倒横浜」から「3強」に変化している神奈川県の勢力構図(神奈川)2017年04月16日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「打倒横浜」だった神奈川高校野球
[2]厚い3強の壁

 横浜時代から東海大相模桐光学園も加わり高いレベルの3強を各校が競っている。

「打倒横浜」だった神奈川高校野球

 「打倒横浜」これが、横浜以外の神奈川県高校野球高校野球関係者のほぼ一致した目標である。それくらいに、横浜の壁は厚く強烈だった。しかし、近年は横浜絶対というよりも、東海大相模とのマッチレース、さらにはこれに桐光学園が加わっての三つ巴、慶應義塾も加えての4強という声も聞かれる。

 いずれにしても、これらの4校が200校近い神奈川県の高校野球のもっとも高いところで競い合っていることは確かだ。歴史的に言えば、伝統では慶應義塾ということになろうが、実績という点では横浜が群を抜いている。

 史上最強チームはどこかということは、野球好きの間でもしばしば議論されることである。その候補として、多くの人に間違いなく上げられるのが松坂 大輔(西武→MLB→ソフトバンク)らのいた98年の横浜であろう。まず、現在の高校野球においては攻守で作り上げられる範囲の最高のものを作り上げたといっても過言ではない。選手の素材の確かさの上に練習の質の高さという足し算を重ねていったことによって完成させた、名将渡辺 元智監督の一つの最高傑作でもあった。

 もっとも、強い横浜はそれだけではない。横浜の甲子園の歴史は江川で沸いた1973(昭和48)年春の優勝から輝き始める。さらには、愛甲 猛投手(ロッテ→中日)の80年夏の全国優勝で一つの頂上にたどり着く。この年のチームも史上最強チームの候補に入れても不思議はない、負けないチームだった。

横浜高校時代の涌井 秀章(写真提供=手束仁)

 さらに、03年春には成瀬 善久投手(ロッテ→ヤクルト)を中心としてまとまりのいいチームで準優勝を果たし、スター選手不在でも勝てるチーム力の高さを示した。その翌年も涌井 秀章投手(西武→ロッテ)や石川 雄洋(横浜・DeNA)らでベスト8に進出している。横浜を倒した駒大苫小牧はそのまま全国制覇を果たしている。

 「神奈川を制するものは全国を制す」というのは、しばしば高校野球で神奈川県の質の高さを表現する言葉として用いられる。ただし、厳密にいうと、「神奈川を倒せば全国制覇に至る」と言うことになるのかもしれない。いずれにしても、確実に神奈川県のレベルは高い。

 県内で横浜の最大のライバルはどこだろうかというのも、関東の高校野球ファンの間ではよく議論されることでもある。一時的には桐蔭学園という時代があった。文武両道分業型といってもいい学校の方針の先駆的役割でもある。71年の夏に初出場してきて、極めて高度な野球を展開して初優勝を果たした。

 その桐蔭学園を模範として追いつけ追い越せで実績を上げてきたのが、一字違いの桐光学園だ。野球部より先にサッカー部が全国大会に出て注目を浴びたが、野球部は01年センバツに悲願の初出場。少年野球のエリートたちを集めての野球部強化と、指定校制度も巧みに駆使して徹底した進学指導という二本柱の方針は桐蔭学園と同じである。早大出身の野呂 雅之監督の指導も選手の個性を生かしたものということで評価も高い。02年夏についに夏の甲子園出場も果す。その前年のチームが全国でもベスト8以上のレベルといわれながらも横浜の壁に跳ね返されただけに感動も大きかった。さらには、2年生ながら松井 裕樹(楽天)が1試合奪三振記録を樹立した12年夏の活躍などで、桐光学園はあっという間に全国区となった。

東海大相模時代の原 辰徳(写真提供=手束仁)

 神奈川県の高校野球では、横浜の双璧として忘れてはならないのが東海大相模だ。県内では60年代後半には武相が一時期時代を作っていたが、新鋭の東海大相模に福岡県の三池工で初出場初優勝の快挙を果たした原 貢監督が就任する。これが、東海大相模の時代の第1次黄金時代の始まりとなる。打撃優先のチーム作りは驚異的だったが、大胆な守備陣形なども含めて、完全に大人のチームという感じだった。

 70年夏に初優勝を果たすと、75年春原 辰徳(読売前監督)、津末 英明(日本ハム→読売など)らの強打者を擁して準優勝。しかし、その後はやや低迷に陥る。それでも、92年春に準優勝するなど存在感は示している。春は2000年にも全国制覇を果たすものの、夏の甲子園はなかなか縁がなかった。

 そんな折に2010年に悲願の春夏連続出場を果たすと夏は準優勝。さらに、翌春も全国制覇するなど完全に第2次黄金時代を形成。県内では高いレベルで横浜、桐光学園などと競り合いながら15年夏には小笠原 慎之介投手で全国制覇を果たす。

【次のページ】 厚い3強の壁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
環太平洋大vs慶應義塾大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
中央学院vs東海大相模【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
明秀学園日立vs慶應義塾【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
東海大相模vs作新学院【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
慶應義塾vs國學院栃木【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第131回 ここ10年間の夏の甲子園優勝投手の現在地【ドラフト特集】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第564回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「逆方向の本塁打増加はロングティーと置きティーにあり!」【後編】 【2017年インタビュー】
第562回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「正しいスイングこそ理想の打撃の近道だ」【前編】 【2017年インタビュー】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
石川 雄洋(横浜) 【選手名鑑】
原 辰徳(延岡学園) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】
涌井 秀章(横浜) 【選手名鑑】
旭丘 【高校別データ】
麻生 【高校別データ】
旭 【高校別データ】
有馬 【高校別データ】
大井 【高校別データ】
金沢 【高校別データ】
神奈川大附 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
神奈川総合産 【高校別データ】
光陵 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
相模原 【高校別データ】
寒川 【高校別データ】
湘南 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
新城 【高校別データ】
住吉 【高校別データ】
市立高津 【高校別データ】
橘 【高校別データ】
高浜 【高校別データ】
中央農 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
橋本 【高校別データ】
平安 【高校別データ】
南 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
大和 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム