第43回 全国レベルの東海大甲府に食い下がる山梨学院、日本航空などに甲府工も健闘(山梨)2017年03月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]東京からの選手が多い山梨県の私学校
[2]甲子園出場が少なかった時代

 社会科の地理的に言うと、山梨県は甲信越ということでくくられる。しかし、高校野球の地区割りには甲信越というのがない。だから、山梨がどこに所属するのかというのは一瞬迷うところだが、高校スポーツでは交通等の面も含めて関東地区に割り振られているのが普通だ。新宿から特急で1時間半で甲府に着くことを考えてみれば当然のことだろう。

東京からの選手が多い山梨県の私学校

日大明誠ナイン(2016年 秋季山梨県大会準々決勝より)

 都心に近いという地の利は高校野球にも生きている。というのは、山梨県の多くの私学の場合は東京からの選手が多いからだ。その理由はいくつかあるが、八王子や神奈川県など、人口の増加している東京、神奈川の多摩方面の郊外からだとさらにその距離は近い。それらの選手が山梨の学校に行くことによって、その情報が濃くなり、またまた中央線で山梨へ向かう生徒が増えるということもある。

 ことに、上野原あたりは意識としては東京都と言っても過言ではないくらいであろうか。現実に、同市にある日大明誠などは東京出身の生徒を考えた上でないとチーム構成することが出来ないくらいだ。そして、「あいつが行くのなら」ということで、その周辺で別の山梨の学校へ進学していく生徒もまた増える。また、学校自体も県内だけではなく県外生も広く受け入れることで運営できているのも確かだ。

 近年の実績では一番の東海大甲府日本航空も、学校の特殊性もあるが、スポーツ強化という方針もあって県外勢力で強化してきた学校ともいえる。このように、山梨県の高校野球は、県外組の勢力の私立勢と県内の地元生徒が中心の公立とくっきりと区分けができる。近年は私立校が躍進してきているという背景には少年野球の有力選手を集めやすいということも影響しているのではないかとみて間違いないであろう。山梨県の高校野球としては、歴史は戦前は残念ながらほとんど語れるものがなかった。戦後も昭和30年代になって甲府商甲府工の公立校の両校が甲子園で一つ二つ勝てるようになってやっと形になってきたといっていい。

【次のページ】 甲子園出場が少なかった時代

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本航空石川vs富山商【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
佐久長聖vs日本航空石川【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
第666回 今年は好投手続出の関東大会!中村、細川、古谷、渡邉…多くの投手が持ち味を発揮!【大会展望・総括コラム】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs東海大甲府【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第660回 3会場とも見所満載!逸材続々登場、ビッグカード揃いの関東大会2日目!(最新版)【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs日本航空石川【第90回記念選抜高等学校野球大会】
日本航空石川vs明徳義塾【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第379回 東海大学付属甲府高等学校 菊地 大輝投手「努力した姿を結果で証明したい」 【2016年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第92回 東海大学甲府高等学校 高橋周平選手 【2012年インタビュー】
甲府工 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
日本航空 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
日本航空二 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム